スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みたらしだんご お届け完了

皆さま 応援ありがとうございました。

去る26日 預かり2&3号で みたらしだんごを新しい家族の元へお届けして来ました。
猫アレルギーの心配がないのを確認して頂いて、11月2日に正式譲渡の予定ですが
大丈夫そうです

猫と暮らすのは初めての4人家族。見染めてくれたのは5年生のお嬢さん。
お届け時の生活レクチャーは3時間半近くに及び、お腹も空いてお疲れでしたでしょうが
話を聞いてくださる 親娘の目はキラキラして 「へぇ~~」の連発
猫の習性に関するアドバイスに興味津々。

初心にかえって 楽しかったお届けのエピソードをみたらしだんごの記念に残します。
説明中に、遊び疲れて最初に寝ちゃったのはだんごたん
それをお嬢さんの膝の上にのせると、 すかさずみけたんが重なりあって、二人でクークー。
そこで・・・ をしながら 「耳を澄ませてみて」

ゴロゴロゴロゴロゴロ の大合唱。 

小さく うわぁっと声をあげて すごい!と。
お母さんの方も、なんだか変な音がする、あれ、冷蔵庫の音でもしてるのかと思ってましたと。
猫ってこんな音がするんですね、 って 感動してくれました。

おばちゃんは、持てる知識を動員して猫の低周波について知ったかぶりしたのはいうまでもありません


そしてちょっと切なかったことは
「このしっぽは これから成長して長くなるんですか?」   ・・・・

おばちゃん思わず 「ごめんね~~ これはもう長くならないの このままなの~ 」
大きな声になってたと思います。 
生まれたときから こうなのよ。。

何しろみたらしだんごのしっぽは、短いだけでなくて だんごたんに至っては、グルグル巻いて最後を伸ばしたような きんとん雲のような尾でした。
お尻に横向きについてるんです。写真にすら撮ることのできないほど・・・ 触ると骨がコリコリしてます。
シッポをピンと立てて歩く、ということはできません。

こんな尾を カギシッポと呼んでいること、幸運のシッポであることを話したら

「長い尻尾じゃなくていいね、カギシッポで良かったね

とお母さんもフォローしてくださって
自分のカギシッポで幸せを呼び込んだみたらしだんごよ、家族の幸せもたくさんひっかけて集めてね、と心から思ったのでした。

猫と暮らし始めた頃って 何も知らなくて 一つ一つが新鮮だった と思いだし
猫と何年も暮らしていても 気がつかなかったり無知だったりしたこともあったのが
ネットや 猫の病気を機にいろいろ勉強して 目からウロコだったことも多々あった。
まだまだ 猫と暮らす楽しみは奥が深い ですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

チーム福猫

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。