スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みたらしだんご物語

9月16日夜 南相馬にゃんこはうす(被災猫シェルター)より搬送されてきました みたらし三毛ちゃん黒だんごくんの物語です。

8月14日に生まれて、プクプクとしたその身体、なんの心配も無く育った天真爛漫な仔猫たちにしてくださったのは にゃんこはうす。
この子たちの母猫は、とらこかあさん
とらこかあさんは 1年4カ月の間ずっとずっと飼い主さんを待ち続け、飼い主さんはとらこちゃんを想い続け、この7月、8月やっとその子供たちと一緒にレスキュー班によって保護されたのでした。
福島県浪江町谷津田でのことです。

さらりと「1年4カ月」と書いてますが気の遠くなる日々です・・・ 厳しい環境で子育てをしながら飢え渇き暑さ寒さと闘いながら その身はボロボロ。

保護前のガリガリに痩せた姿のとらこの写真
とらこかあさん
*この経緯はにゃんこはうすブログの8月11日

やっと育て上げたのであろう、2か月過ぎの子供たち=む&み&も、も順次保護されて家族が揃いました。
そしてむ&み&もはその後、東京のくっしーさん@まるべん。さんのとこへ預かりがお願いでき、スタッフ全員胸をなでおろしたのであろう直後に

確かに晴天の霹靂というのは こういう時に使うのでしょう

なんと とらこちゃんの足元には小さな小さな新しい命が・・・

「その身体の中に子供がいたとは全く想像もできない程、ガリガリに痩せ細っていましたので、
仔猫達を見た瞬間には必死で自分の目をこすってしまった程でした。。。」


と、にゃんこはうすのブログにあります。皆さんの驚きと困惑が目に浮かぶようです。
*この経緯はにゃんこはうすブログの8月15日

とてもとても小さかった娘にはとらこかあさんは最初からごめんねとさよならして・・・
みたらしとだんごの子育てに励みました。
む&み&も の子育てとは雲泥の差だったはずです。
雨風はしのげ、好きなだけ食べてわが身の血肉(母乳)を子に与え

我が家にやってきたみたらしだんごは 体は名を表す・・・になっていました

自然界の摂理 動物の生理にはすごいものがあります。
お盆に出産して、お彼岸もまだだというのに とらこかあさんには 発情の兆候がでているそうです。
厳しい生活環境のもとで雌猫の遺伝子は、種の保存という責務に わが身を滅ぼさんとまでしているのです。

とらこちゃんは 母から とらこちゃん自身に戻ってもらって
まずはマンソンの治療を行い、避妊へとケアを進めていくことになりました。

すでに歯も生え授乳は痛くて辛く嫌がっていて、なにより標準体重よりも200gは多いみたらしだんご。
どんだけとらこかあさんの母乳を飲んだのでしょう(>_<)
少し早目なのは承知ですが母子別れの日を決めました。

正直言って みたらし&だんごに 悲壮感はまったく なし (笑)です。
明るく楽しく 家族探しをしていきたいと思っています。

とらこちゃんが飼い主さんとまた一緒に暮らせる日ができるだけ早く来ますように。
みたらしだんごは、まかせてね、とらこちゃん。
悲壮感なしとはいっても、まだまだ母さん恋しい二人です。


くっしーさん@まるべん。さん編集制作の 「かあさんへのてがみ」 は、みっちゃんにも通じるものがあってほろっときます。





搬送してくださった、くぅさん、ぽんぽんちゃん、たまこさん ありがとうございました。
関連記事

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

チーム福猫

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。