光圀のこと・預かりのこと

光圀が上京して長い時間が経過しました。
一緒に生活することに困った問題はない光圀。
ヒトとの生活自体には慣れました。遊んで貰う楽しさも覚えました。

それでも 触られるのが嫌ということは、健康チェックができません。
これは きちんとした飼い主にはけっこうなストレスにもなります。
ですが割り切ることができれば、障害にはなりません。
ちなみに食いしん坊なので投薬には苦労していません。

現時点で爪を切ってあげることができないのですが
上手な方ならたぶん可能です。
チーム福猫 みな老眼で苦労してますw が… 若い人なら
バスタオルに包んでオチャノコサイサイかと。獣医さんでも可能でしょう。

最近は 猫の飼い方 猫との関わり方 猫との暮らし全般が
犬化 しているように感じます。
気まぐれな猫よりも べったりな猫 常に尻尾を振って立ててまとわりつく
そんな猫が人気のような。
ゆっくり時間をかけて 薄皮を剥ぐように距離を縮めていく付き合い方は 悠長すぎるのでしょうか。

とは言っても 猫仲間を見渡すとみなマンション住まいで飼育頭数は限られているのが現実。
(この大きな震災で多頭飼いのリスクの警鐘をならしている側ですから)
猫選びにも自ずと制約と希望があるのも当然のことです。

光圀募集の理想は・・・  
人間にべた甘の先住猫が既にいて その子と仲良くできればいい取り合えず十分と
遠くから見守ってくれるような 家庭内野良が許されるようなそんな暮らし
でしたが、なかなか難しい。

もしくは 人馴れしてない猫さんを手なずける技を持ってますよ~ お任せ~
というような頼もしい猫使いとの出会い。

密かに決めていた光圀のタイムリミットが3月31日 今日です。
明日にはペットのおうちは表示されなくなるはずです。→ただしブログに転記

応援してくださる方がたくさんいて チーム福猫でも何度も話し合って
後に続く子たちもまだたくさんいる現実もあって結論は出ているのに
まだジタバタしています。

チーム福猫の現在の預かり担当の実質稼働は 二人(二か所、4号と5号)です。
4年の月日が流れて 愛猫の環境変化(高齢化・持病の悪化 他)で辞めざるを得なかった者もいます。
もともと仔猫であれば預かり可能ということもありました。
猫とスペースの問題もあるので柔軟な部分は残されていますが、成猫の預かりは難しい面もあります。
自分の家の猫として迎えるのであればエイズキャリアも気になりませんが、
預かりを続けていくとしてキャリアの子を迎えるには問題があります。

預かりが増えるとそれだけ猫にもチャンスが増えるのですが・・・ 預かりにもいろいろ段階があります。
共通することは 猫の観察、つまり健康管理ができること、これは絶対条件です。

 ただ預かるだけ。
 預かった猫の様子を発信することもできる預かり。
 発信に加えて募集にも関われる預かり(ネットでの募集・譲渡会参加・お見合い場所の提供・お届け・何より決断!)。

最初のただ預かってくださるだけというのは、よほど近距離に住居がある場合や乳飲み子の短期預かりです。
そうでないと、あまり意味がなくてすべてが二度手間になってしまうからです。
もっとも必要としてるのは 3つ目の 動ける預かりです。
チーム福猫はメンバーは少ないですが、この少数精鋭で、かつ移動手段としての車もあることから実績を積んでこれたといえます。

光圀のケースについてだけ言えば、家猫修行を続行しつつ光圀の様子を発信してくれる預かりさん が居れば
もう少しだけ延長してみて頑張れるのではないかと 

甘いかなぁ・・・

チーム福猫稼働メンバーの平均年齢は60歳
限られた時間と体力気力と、後に続いて家族探しの順番を待っている猫さんのことを考えると
みっくんが保護スペースを占有することを 良しとできない現実が重たいです。
それはみっくんが譲渡会参加という形で積極的に外に出ていくことができないからということもあります。

続きを読む にはペットのお家を転載します。
もう一度ご覧いただいて 里親の名乗りもしくは 長期預かり(諸条件が違います)をお待ちしています。

光圀は エイズキャリアです。
発症はしていません。穏やかな子で、シェルターでの大家族生活でも人気でした。
簡単にうつるウィルスではありませんが、100%うつらないとは言えません。
先住猫さんもエイズキャリアですとベターかと思います。
ですが 人間家族がきちんと知識(病気のことと同居のコツ)を持って対処してくだされば、
ノンキャリアの猫さんとの同居も可能です。
最たる感染ルートは交尾です。光圀も去勢済みなので問題はないのですが、
先住猫さんも不妊されているのが当然ですが第一条件です。
次に噛み傷など、流血を伴うような喧嘩です。
ケージを使うなどして、先住猫さんと互いの存在を浸透させてからフリーの段階を踏む。
こういった注意を十分に払う、これは猫の同居の基本的な対処法かと思います。
ノンキャリアで気性の荒い縄張り意識の強い雄猫の先住猫さんの場合はご注意ください。
以前は唾液などでもうつるといわれていましたが、最近ではペットボトルにためて一気に
飲ませたりでもしない限り唾液や母乳では感染しないというのが獣医さんでも主流です。
母猫がエイズキャリアでも授乳をやめさせたりしないのが一般的になっています。
これまでもエイズキャリアの母猫の仔猫に関わりましたが、
幸いにも4腹分子猫はすべて陰性という経験を踏まえて書いています。
(ネット上ではよく仔猫が陰転したという記述がありますが、エイズは抗体検査ですので抗体が消えれば陰性という結果になりますが、感染していたのとは異なります。母乳などからの抗体が消えたのであって、感染したけど治ったということとは全く違うのです。)

募集詳細↓

光圀 オス 去勢済み エイズキャリア 6歳位かと

お見合い場所 埼玉県朝霞市 池袋から15分

募集経緯
2013年3月保護。福島県浪江町出身の被災猫。
正式名 光圀 通称みっくん
それまでは安定したえさ場で見守られて来ましたが、避難地域再編により津島への立ち入りが難しくなるため一斉保護した猫たちの中の一匹です。
郡山の福猫舎・まるこシェルターを経て昨年6月に上京し、家猫修行をしてきました。

性格・特徴
怖がりな性格のため 人間に慣れるまでにちょっと時間が必要となりますが、テレビや掃除機等 日常の生活音はまったく気にすること無く生活できます。
スプレーやゴミの悪戯、また異食等の問題行動はありませんのでお留守番もできますし、お互いが自由に暮らせます。
ご飯はドライもウエットも好き嫌い無くなんでもよく食べます。
人間ともよく遊びますし、まだまだ一人遊びもします。
今はまだ触る、抱く、爪切りをさせませんが、すぐそばで一緒にカーペットの上でゆったりと寛ぎます。
名前を呼ぶと返事をします。
ご飯が欲しい時や遊びたいときはちょっとかすれた小さな声で呼びに来ます。
基本的には手のかからない静かな子です。
よく遊びます。抱っこしたりはできないけれど、見てて楽しい子です。

あえて厳しく酷な募集内容としておりますが、実際のみっくんをもっと見て頂けるようにツイッターで日々の様子を発信することにしました。
@team_fukuneko
http://www.pet-home.jp/cats/saitama/pn59820/

甘えん坊の猫さんを希望する方にはまったく不向きの子です。譲渡会で里親さんを探すという方法も難しい子です。
でも、このきらきらした瞳のみっくんの生きていく場所、家族を探してあげたいと思い、もう少しだけ諦めずに募集を続けていきます。
ブログで無邪気に遊ぶみっくんをご覧ください。一緒に暮らせる子です。
猫の飼育になれている方や多頭飼いだから みっくんのようなマイペースな子が1匹いてもいいよと言って下さるような方との出会いを探しています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

チーム福猫

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団