スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災猫ナッキーのこと

震災から今日で4年です。

震災直後に保護された子にとってもそれはそれは長い年月です。

子猫は落ち着き 成猫はシニアに差し掛かるようになり 
老猫は看取られ それが4年という月日。

ナッキーは2011年12月楢葉町で保護され・・・  ★1 
ずっと関東のケージで暮らして
彼的には
 「おいらあのままあそこで野垂れ死にでも それで良かった」と 
そんな気持ちに
ひねくれたくなるほどの長い時間だったろうと思う。
転機が訪れ 
2014年5月 福島へ(まるこシェルター預かり)帰省することになり、 
保護っこ生活出直し。 
(縁あってその日チーム福猫は東北道SAでナッキーと遭遇・ことりちゃん搬送の日でした)

そのナッキーがいま チーム福猫にショートステイ ナウ 

11 - 1
愉快なナッキーはおばさんたちのアイドル。
どこか ちょっとずつ足りないナッキーに 大きなため息をもらしながらも 
可愛くて憎めないこ奴は人気者。

→目がちっこくて 可愛い写真が撮りにくい(可愛いんだよ~)
→そのうえ奥目でいつも眠そうで 以下同上w
→シャムmixで素敵なブルーの瞳ですなんて売り込めるほどにはブルーが濃くなくて
→足は短く 上から見える姿は四角くてへん
→けして若くはないだろうし (若々しいところもあるよ~)
でも
→人間大好き




→一緒に尻尾で会話に参加できるし
→家の中限定 一緒にお散歩できるし
→抱っこ猫だし ぴとっとくっついて寄り添う猫だし
→平穏な生活を邪魔されないし
→すべすべの被毛を撫でてたら血圧も落ち着くよw
→ぶっといお手手は猫の手だから役には立たないだろうな~ でも見てるだけでうっとり
→奥目についた目目くそ取りは楽しいよ~
→しつこくして ちょっと怒るナッキーみるのも面白い
→ちっちゃな声のナッキーと内緒話もウフフのフ 

保護っこ歴の長いナッキーから「保護っこ」の冠をはずしてあげたい。

もう蛙を食べたりしない。温かく柔らかい膝で眠れる。そんな生活。

彼の2年10か月近いケージ生活を忘れさせてあげられる
それを 引き受けてくださる方を募集しています。
ふつーの残りの猫生は10年ちょっとかと思われ
きっとそれは宝物の時間になると思います。


★1ナッキーが保護されたのは 環境省と福島県が公的に認めた
最初で最後の 保護団体による20キロ圏の一斉保護によるものでした。
その際 レスキュー車のドアミラーに黄色いリボンをつけるよう(車両区別のため)
要請されたこともあり、「黄色いリボン活動」とも呼ばれました。
311の今日 どうしてそれが1度きりだったのか 悔しく思います。


ナッキーのためだけの黄色いリボンをつけて会いに来てください。

お見合いは3月下旬からお受けできます。場所は江東区。
委託譲渡の担当は日陰亭 Twitter @hikagetei
お申し込みはチーム福猫でも可能です。
一人暮らし可 バックアップの約束のあるご年配の方もご相談ください。

17019.jpg

近日 ぺっとのおうちデビュー♪
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かわいいですね!

一度会ってみたいなぁ。
うちにいる福猫舎OGは、たぶん、ひとりっこ希望だとはおもうのですが😅

はたぼうさんへ

気が付くのが遅くてごめんなさい。
メールしますね~

お嬢様厳しいからなぁ~(笑)

すみません。
こちらでお伺いしていいことか分かりませんが、預かりになる条件はあるのでしょうか?
一人暮らしで免許なしですが、40平米くらいの賃貸でペット可なので、なついてない子でも愛情あげて餌あげて、爪切って、ブラッシングしてくらいは出来ると思うのですが、福島保護などもしてらっしゃるので、1匹ぶんでもそちらのケージが空けばなあと思うのですが。

すいません。
ちなみにこちらのナッキーくんも気になるのですが、里親募集の目、耳、口は一般的ケアとして書いてたんでしょうか?
それとも何か慢性的な病気でしょうか?
一人暮らしなので時間の決まったケアが必要なのかが気になります。

うさぎさんへ

うさぎさんへ

↑でも書いてますが またしても気が付くのが遅くなってごめんなさい。
事情があってPCが立ち上げられる状況に無かったものですから申し訳ありません。

預かりについて
猫そのものの保護主は チーム福猫ではなく委託されている形になりますから、保護主の条件が最優先されます。
チーム福猫としての預かりについてですが、ケースバイケースで それこそ預かりのお試しもありますし、猫経験によって猫が決まるとか、あと大事なのがお住まいの場所(距離)となります。
猫の情報発信をしていただくことや お見合い対応 譲渡会対応 などかなり時間に融通が利くかたでないとご迷惑をかけてしまうこともあるかと思われます。
預かりは 次の本当の飼い主さんへのつなぎとなりますので、里親としてよりもかえって猫への気配り観察が求められるということもあります。
あと、情が湧いてしまって手放せなくなるということに・・・ 耐えられるかとかも。
もちろんそれでそのまま自分の子になってしまうということも多々あり、それはそれでオーライなんですが。

ナッキーについてですが
過酷な環境にあった猫さんたちはそのほとんどが猫風邪の経験を持っています。
そのウィルスの名残で 鼻水や目のしょぼしょぼ、涙目など、また歯肉炎なども。カリシやヘルペスウィルスなどの名残もあって、免疫力が落ちると出てきたりという状態にあると考えています。

ナッキーの様子については 飼い主によっては「年相応ではないかと」まったく気にせず放置という方も中にはいらっしゃるでしょう。
預かりとしてはマメにケアしてできるだけナッキーが、かっこいいナッキーとしてお見合い、譲渡できるようにと考えています。

現段階では 特に目ですが 一日のうちにマメに何度も拭ってあげると良くなっています。

旅立ちの日も近いと思っています。ありがとうございます。
チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

チーム福猫

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。