スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒ちゃん正式譲渡 (猫との出会いのことつらつら)

昨日はひどい台風でした。 
コンクリートに囲われた部屋で昼寝でもしていれば何も知らないままでいられるかもしれないというほど、
猛スピードで駆け抜けていきました。
そして午後には悲しいぐらいの強烈な日差しにクラクラ。

やっと動き出した私鉄の各駅停車を乗り継ぎながら 
品川っ子の黒ちゃん(ずっと長い事TOPに写真があってご心配かけてました)の正式譲渡に出かけてきました。

S__14803016.jpg

お外生活から 家猫になりたて。 人間との暮らしのリズムがなかなか掴めなくてちょっと苦戦。
でも持ち前の甘えっ子と 子供っぽさは魅力いっぱい。
限りなくお試しという名に近い 預かりさんが頑張ってくださって 黒ちゃんは わさびちゃんとして正式譲渡 

久しぶりに抱いたわさびちゃんは相変わらずちっちゃかった~ ほんとにちっちゃい女の子。
以前の子が男の子でとても大きかったということなので、里親さんにとっても仔猫ぐらいの感覚でしょうか。
これから冬に向けては今以上にお膝から離れない子になりそうなので… 軽くて良かったかなと思います。

そしてちょうど1週間前には のんちゃんがお試しに入っています 
ソファの下にもぐってしまって のんちゃんのお届けの時の写真は無いのですが・・・
あっという間に探検して食べて出して(笑) 遊んでもらって馴染んでいるそうです。

猫・・・はヒトが選んで飼い主になっているようで、実は猫に選ばれていると思っているのですが
縁組をしていく中で どうしてこの子が目に留まりました? どうしてこの子を選ばれました?
とお聞きするのはひそかな楽しみでもあります。

電気が走ったように 「この子だ」 ということもあるでしょうし 
なぜか気になってしまって、なぜ?が分からないのだけれど 何度もみているうちに応募してしまったとか答えらしい答えがないこともあります。

わさびちゃんは その名前から気付くように さび猫。
今度はサビ猫と暮らしてみたいという強い強いご要望から 黒ちゃんをお世話させて頂くことになりました。
色柄優先の猫さん探し。 
サビ猫は初心者よりも飼育経験者からの人気の方が高く
頭の良いところ 独特な雰囲気を持つ 時にツンデレだったりと性格に魅かれて 猫飼いの最後のステータス?笑
そして圧倒的に 女性に人気>男性 という傾向にあります。
わさびちゃんも奥様が押し切った? 形でした。 (余談ですが、預かり2号宅のサビ猫も同様に押し切ったケース・笑)
以前ご主人に うーん 何もサビ猫じゃなくても~って思ってるでしょ? と笑って問うたことがありますが
正直に はいぃ~と 返事をされてました(笑)

昨日 お邪魔してたくさんお話をさせて頂いている中で 奥様がぽろっと
「夫が サビ猫もいいね」 ってそう言ってくれて・・・と おっしゃられ。
心の中で ポーズ。

のんちゃんは被災猫であるということもあったのですが、何より亡き先住猫さんに似ていたということでした。
でも 先住さんの方がずっと美人。 のんちゃん逆立ちしても敵いません(笑)
のんちゃんも先住さんも縞三毛さんで そして背中の模様が 三毛というよりサビに近い色の混じり。
その後ろ姿や後頭部はドキッとするほど似ているんだそうです。

先に正式譲渡が終わった 梅子さんのケースは
色柄は問題ではなくて、自分たちの生活環境やリズムに適した子というのが第一優先でした。
鳴かない どたばたしてない まったり・・・ 白羽の矢が梅子さんに。
中年の魅力 ですね(笑)

譲渡会で出会ったのは偶然を装っていても 実は募集サイトで見つけて会いに来てくれていたなんてことを、ず~~と後になって告白されることもあります

どんなに性格の良い子でも、一緒に暮らしたら最高と太鼓判押せる子でもなかなか決まらないこともあるし
この子は苦労するかな(決まるまで長いぞ~)と覚悟してた子なのに、真っ先に家族ができることもあります。
いったい何がハートを鷲づかみにしたやらと 脱力しちゃったこともあります。 

譲渡会では 「可愛い子がいいです」なんておっしゃってる方が決めきれずにお帰りになることもあって
不思議なものです。

猫の可愛い は 人によって  千差万別 だからいいんです。



駄文が続いていますが(笑)  何が書きたいかって・・・

光圀にも出会いがないかな~~~  ってこと 

光圀を 光圀だけをたった1匹として迎えてくださるというなら それは通。

べた猫ではない光圀とだけ暮らすのはやっぱりちょっと寂しいから 普通の甘えっ子さんが居て 
光圀には好き勝手にしてていいよ と 家庭内野良認定を出してくださる そんな出会いは無いかなぁ。

1年以上を暮らしたシェルターでは撫で撫でもOKになりましたから、時間をかけて向き合ってくださればとも思うんですが
大きな期待をせず 光圀を光圀のまんま・・・ 

DSCN2987.jpg

このキラキラした瞳を見てられるだけで 幸せ~と 思ってくださる方 世界中に一人でいい

出会いたいです。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

チーム福猫

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。