ことりちゃん → 来桃里ちゃんに

2013年6月 牧場からのレスキューで ことりちゃんはまるこシェルターへ。
牧場もでしたが、それからも過酷な日々で コクシジウム・下痢との闘いが続き 1にゃん また1にゃんと兄妹との別れ。
それでも 渾身のケアで幾度もの死線から引き戻して・・・

kotori.jpg 
小鳥さんのようと言われた小さなからだ
200gの壁は高かったけれど 生命力がみなぎった子。

あまりに成長が遅くていつ召されてもおかしくないと、何かあるのかもしれない と
他の仔猫たちと引き離されまるこさんの猫たちの部屋で育ちました。

S__2154501.jpg

それがこんな可愛いお嬢ちゃんに成長して… (育ちすぎという突っ込みは無し・笑)

23日 柚子さんご家族の大歓迎を受けて シェルターを卒業しました。
お届けしたのは預かり2号と4号。

柚子さんと息子さんが迎えてくれて・・・  その様子は もうあほくさいほどで(笑)

お二人とも足が浮いてるし 顔は緩んでるし 目は泳いでるし 

何しろ 親子で ことりちゃんを 取り合ってるライバルだし!

ことりちゃんが先に息子さんを舐めたときいたら 悔しそうでw

そして 夜になるとその争奪合戦  取り巻きがさらに二人増えると・・・ 想像するだけで幸せ

ことりちゃんは皆さんにスムーズにご挨拶ができて 柚子家の二女として パパから

「来桃里」 ことり という名前をつけて貰いました。

桃の里からやって来た可愛い子。 パパさんロマンチックですね。

男性3人を従えた 蝶よ花よのお姫様 その様子はぜひ 柚子さんのブログで。
お祝いのコメントの数が、強く待ち望まれてのご縁であったことが分かります。
幸せいっぱい運んでね、来桃里ちゃん。

ゆずちゃん どうぞよろしくお願いします。


新たな猫さんを迎えてくださることになるまでの経緯は 追記にて。


先日のエントリーでは、被災地の猫であることをことさらに強調することなく
粛々と?縁組をすすめていると書いた預かりですが、時には 強い強いオファーを頂いての赤い糸もあります。
まるこシェルターからのロミロミちゃん(現あさりちゃん) 犬班Aさんからの花音ちゃん(現ミーコちゃん)に続いて
3例目となります。
生活のパターンや家族構成や希望の色柄などお聞きして シェルターにいる猫さんとのマッチングです。
福島の猫をと強く希望してくださって・・・ とても嬉しい。本当にありがたい。感謝の気持ちでいっぱいです。

柚子さんは震災以降、被災猫への支援を寄せてくださっていましたが・・・
先代長女猫ゆずちゃんを 昨年の5月17日に亡くされています。
奇しくも白血病で、、、。
アニモンの悲しい帰郷にも、本当に心痛めてくださって 基金への協力もいの一番に手をあげてくださって。

昨年から何度も譲渡会に足を運んでくださって、大人の猫さんの魅力も感じ始めていた柚子さん。
ゆずの悲しみをいやしてくれるのはやっぱり猫と・・・ まだご家族の皆さんの傷が癒えてないなか
賢明に説得してくださって、、、 一周忌を過ぎたら 新たな子を迎えようと半年がかりの計画でした。

本来であれば 福猫舎からのご報告が先であるべきとは思うのですが・・・
仔猫部屋で一緒だった子らは全頭の感染が確認されています。
次々と重篤なケアの必要な子に追われ、レスキュー給餌をかかえてままならない
そして何よりその現実の重さに筆がすすまないのだろうと思います。
私ですら想うことがありすぎて、書きたいこともどう書いたらいいのか分からないのですから。
早くに上京して里子にだせた雄大・紬・大河・大地 
そして最後のことりちゃんが感染を免れた子らになります。

十分に様子を見て もう大丈夫と確信できたらシェルターから出そうと焦らずにことりちゃんを育てていたまるこさん。

そんな時期の偶然があっての マッチングでした。
5月中旬過ぎの譲渡であれば、ことりちゃんはどうでしょう?と 写真を見て頂いてから
それはそれは本当に楽しみに待っていてくださったのです。
可愛い盛りの若いゆずちゃんを白血病に奪われたご家族の、
九死に一生を得て白血病の感染を免れたことりちゃんがあらたな家族になるという、ご縁に胸がいっぱいです。

雲をつかむような 解明されていない白血病ですが、アニモン基金のおかげでおぼろげながら…
十分な理解と覚悟を持ってではありますが 一般家庭へと橋渡しを期待しても良いのではないかと、
今すぐにではないにせよ 幸せの未来への道を望んでも良いのではないかと思える子もいます。
引き続き皆様のアニモン基金へのご協力をお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

チーム福猫

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団