スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご寄付のお願い 【アニモン基金】 TOP準固定

【ご支援・ご寄付のお願い】

チーム福猫から アニモンを始めシェルターの猫たちのウィルス再検査費用のご支援をお願い申し上げます。
そしてこの支援が皆様のご理解で長く続けられるようであれば、FeLVの陰転を目指して検査を続ける猫さんへも支援が広げられたらと(夢のようなことも)考えています。
アニモン基金と名付けました。

11月29日付け 「アニモンのこと 今彼は・・・」で書きましたが、アニモンそして預かりをしている私たちにとって本当に言葉にならない出来事でした。
シェルターの猫たちの安心な暮らしと、そこを卒業する猫たちの証明と、また受け入れてくださる新しい家族のために、最低限のウィルス検査ができるようご支援をお願いいたします。

IMG_9181.jpg
記号10100 番号10145561

検査1回当たり3000円の補助=1口3000円としてご寄付をお願いしたいと思います。
シェルターの全頭再検査を希望しています。
ただし アニモンはじめ再検査が1度では済まない猫さんもいますので、優先順位をつけて検査をしてもらうように致します。
金額には拘っていないのですが、 分かりやすく 

1口寄付したら 私が1ニャンの検査を引き受けた

と実感していただけるのではないかと思ってのことです。
3000円でなくて、もちろん1000円でも嬉しいです。

現実的には アニモン・ユウの東京での再検査は2匹分で12,350円掛かっています。ユウはもう一度の検査が待っています。
福島価格として 3000円の補助金額を算出しました。


そしてどうぞ、このアニモン基金を広くお知らせ頂き、なるべく大勢の方からご支援を賜れるようご協力をお願いできたらと思います。
検査・・・先延ばしに出来ません。

また目標額もあえて設定してません。
なぜなら、再検査(収容猫数は100頭を超えています)の終了=ゴールではないからです。

新たに保護され 命が救われた子たちにも2回検査のチャンスが欲しいのです。
もちろん再検査ですべてが解決するわけではありませんが、運命が違ってくる子もきっといると思います。


白血病、そして猫エイズですが、キャリアの状態と発症では雲泥の差があります。
またこれらでは感染力も威力も大きく異なりますので、何もかもまとめて表現することはできませんが、
即、命に関わるわけではなく、キャリアの状態のまま天寿を全うできる猫さんもたくさんいます。
単に 恐い病気という畏怖を持つのではなくて、正しく理解すること、そして検査が必須であること、猫の健康に責任を持つ飼育者たらんことがとても大切なことと思っています。
(少しだけ下記追記以降をお読み下さったら幸いです)

ウィルス感染 という文字が踊り 何やら変な恐怖感を植え付けてしまうのは本意ではありません。
誤解が無いと良いのですが。

今年チーム福猫では モコ、そして麻呂 とFIV・猫エイズキャリアですが理解ある里親さんの元へ送りだし、いままた千寿にも新しい家族をと奮闘しています。落ち着いた家庭内での飼育ではほとんど感染はしません。母乳からも感染はしないし、唾液もバケツに3杯(ペットボトル3本とも)ぐらいを一度に飲ませなければ、感染力は無いと。問題は交尾と出血を伴うような喧嘩傷です。
FIVについては、ずいぶんと理解されて来ていると実感しています。

FeLV・白血病については、感染力が強いので飼育上の注意点があること、また感染時期によってずいぶんと予後が違うことがあげられます。かつ、先生方からは 白血病ウィルスについては「良く分かっていない」のだという説明を受けます。多頭飼いの場合は、個別生活など繊細な気遣いが必要です。空気感染するわけではありませんので、隔離という言葉には正直抵抗があります。
今回、これまで知り得ていた猫さんの経験を再度あたったり、新たに教えて頂いた心強い情報などもあります。
生後3カ月で保護され 白血病陽性だった仔猫が今でも元気で、12歳という友人の話はとても嬉しいものでした。
ネット上ではどうしても悲劇的な実話が多くて、のんびり猫生を謳歌している猫さんの話題は、それが普通で日常になると表面にでませんから。

ただ残念ながら若くして天に召された猫さんももちろんいます。
私の記憶に深く残されたシンバ君もそのひとり。彼の発症からの短い闘病の記録の中に
「猫の白血病について」というエントリーがあります。
この病気を説明したリンク集はもちろん、【感染予防と発症予防】【診断と治療】【症状】【原因】とテーマを決めて、白血病猫の家族目線から分かりやすくまとめてありますので、それをご紹介したいと思います。
ブログ名は 笑って!シンバ http://waratteshimba.seesaa.net/ 
そのエントリーは http://waratteshimba.seesaa.net/category/8955926-1.html
ぜひ一読されてはと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

最初のカギコメさんへ

お元気ですか?お疲れ蓄積してませんか?
どうされてるかな~? mixiにも登場が無いので心配してました。
毎日きっと大変なんだろうなとおもってましたけど。

読んでてくださったのですね、ありがとう(T_T)
いつかそんな日が来たら 私どこまででもお届けしますよ。
もちろんお迎えに来てもらっても安心して託しますけど。
アニモンへの応援ありがとう。感謝の気持ちでいっぱいです。

カギコメさんへ

すみません 表示の関係でどちらが先かちょっと混乱してます^^

ご支援につきましてはどちらでもありがたくお受けいたします。
アニモン基金も全額 福猫舎の二つのシェルターの猫たちへお送りします。
動物病院によって金額が異なりますが、検査代の補助としてということで、譲渡会で頂いている3000円を参考にした部分があります。
直接福猫舎へお送りいただいた場合は、福猫舎の自由裁量の元 たとえば陰転治療に使うなど使途の制限がありません。

現状では再検査を最優先しているため、福猫舎さんへ直接問い合わせ頂いている方へも「まずはアニモン基金へ」と回答されておられるようですが、いずれにしても福猫舎の猫さん達のために使われることには違いがありませんので、ご支援される方のお気持ちのままに、と私は思います。

ご自身のお世話されている猫さん達だけでも大変な中、本当にありがとうございます。
私も今回のことでは大きなショックを受けました。
が、このアニモン基金をきっかけに、さすがにFeLVではなくて FIVの方でしたが 再検査で陽性という すり抜けを経験されている猫友さんの名乗りがあって、割合からしたら少なくないのではないか?と思われ
保護活動においても見直さなくてはいけないことだろうと思っています。
そうなると、私も、皆さんも負担が増していくわけで複雑な想いでおります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カギコメさんへ

私は・・・カギコメさんが猫との暮らし 癒される時間(悪魔くんもいますが・笑)を再び持てますようにと願っています。
そんな日が来ますように。
自分の年齢や家庭の事情の変化で 選ぶ猫 指名してくれる猫も違って来ますが、それもやっぱり彼女らの仕業( ´艸`)プププ
少し余裕ができて 書き込みしていただけてるのだと嬉しいのですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

17日付けカギコメさんへ

ありがとうございます。

私たちはもう一度アニモン(もちろん他の子もですが)を迎えてお家探しをしてあげたいと思っています。
今福島での陰転治療に希望をつないでいますが、色々白血病のことを詳しく調べていくと、陰転したらしたで、その確実性を確かめるにはキットでの検査では限界があり、
より厳密な検査機関(ラボ)へ血液を出しての検査も必要となってきそうです。
これからも検査は続いていきます。ご支援本当にありがたく、助かります。

ささやかですが ありがとうギフト ぜひ受け取ってください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/32255818277299

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

カギコメさん

ありがとうございます。
こうして支援の輪を広げてくださる方に
そしてご支援くださる皆さんに感謝です。
そのためにも・・・アニモンはじめいま治療をしている皆にゃんが
陰転して皆さんと喜びあえたらどれだけ嬉しいか。
福島は雪とそこに降った雨とで 重い雪とその凍結が心配な日々。
アニモン基金は、
毎夜 注射に通っている子らと管理人のためのエールです。
本当にありがとうございます。 ぜひギフトへもご住所お知らせくださいませ。
チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

チーム福猫

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。