スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロチップの話 再び

2013-07-22 10_36_46


預かり2号筆 以前の記事の第二弾 実録編です。

うち猫の若い方のワクチン時期がやって来ました。
今年こそはと思っていた… マイクロチップ(個体識別装置)を挿入というのか装填というのか…
環境省の詳しい説明では「埋め込み」と説明しています
頑張りました 保母猫ももちゃん。

インジェクター(チップ注入器)
2013-07-22 11_00_48
お父ちゃん連れていかんで良かったw 確かに一瞬たじろぐ太さではあります。
これはチップを押し出したあと 

針先にある白い部分が押されて来て そこにあったはずのチップは

2013-07-22 11_00_35
この辺りに入りました。

もともと診察室では借りて来た猫状態の娘ではありますけれど

ニャンとも鳴かず 痛がりもせず じっとして処置が終わるのを待つ良い子にゃん。

消毒して  皮膚麻酔、したのかな? 聞き忘れました(-_-;)

この針を抜くと そこには小さな穴が開きます。
チップが2mmとのことですから それよりもうちょっと針は太いわけで。

出血は全くしてませんでした。 
その穴に 百の主治医は 医療用ボンド 
見せてもらいましたが ほんとに アロンアルファAという 医療用瞬間接着剤を
1滴垂らして 塞ぎました。

これは やらない先生もおられると思います。
過去の報告事例として チップが飛び出した というのがあるそうで
(先生は未体験だそうです)
念のため ということ。

現在 そこがちょっと固くなって(皮膚というか毛が固まって)
場所が確認できます。でもポロッとそれが取れたら… わからなそう。

チップが不良で読み取れない というようなこともなく レントゲンには写るそうで
もちろん念のために 読み取り機でチェックしてもらいました。合格!

興味深い話が一つ。
チップの位置が動いてしまうことが本当に本当にまれですが、あるそうです。
そもそも 皮下に入れているわけで 脂肪もいっぱいの 空間。
そんな場所だからこそ 輸液だまりが確保できるので 皮下輸液が可能なわけです。
老猫さんの腎不全を経験すると分かりますが・・・
回数・量ともにかなりの皮下輸液したようなケースではあり得る話かもしれません。

せっかくマイクロチップを入れていても 丁寧に読み取ってもらえないと残念なことに。
主治医は 「当然周辺部までしっかり読み取りますよ」 とのことでしたが
どなたにも程度の差が無いように読み取りして頂くためにも やっぱり

マイクロチップは当然という意識になることが大切と再度感じた次第です。

成猫さんでもあっけなかったマイクロチップの挿入でしたが 
避妊去勢時ならもっと本猫の負担は小さいので ぜひとも麻酔時に!

福島猫の里親さんには マイクロチップをお願いしています。
これをご覧頂いている読者の皆様の猫さんにも ご検討よろしくお願います。
費用は5000~7000円ぐらい(病院によって違います) と、登録料の1000円です。

転ばぬ先の杖として。 けして無用の長物ではありません。



最後に 先生の準備を不貞腐れて待つ 我が愛猫。
2013-07-22 10_51_05

なんだかよくわかんにゃいけどさ、早く帰ろうよ って イカ耳・三白眼でしたw
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

行方不明・・・

うちの4にゃん中、ひとり、装着したはずのチップの手触りがあるべきところに無くて、いまだ発見できてません・・・。(苦笑)
獣医さんに聞いたら、過去、最大に移動した子は、腕にあったそうです。
来月ワクチンの予定なので、そのときに探してもらおうと思っているのですけど、どこ行っちゃったんだろうって思います。

ところで、発信不良っていうんですか、何度か聞いたことがあるので、見てもらおうと思ったんですけど、獣医さんがみなさん持ってるわけじゃないんですね。
そのためだけにほかのお医者に行くのも何だし(4ねこ・・・)、調べる方法って他にないのかなって探してる所です。
有料で貸出ししてくれるっぽいのはあったのですが、それしかないのかしら?
どこかご存知だったりしますか?

うちも既に行方不明・汗

月那さんのところは4にゃん埋め込み済みなのですね。
すごい、嬉しい、ありがとう、見習わないと・・・♪

うちの百さんのチップも既に手で触って確認できるところにはありません。
保護猫さんに埋め込んでみた結果でも、すぐに分からなくなった子もいれば、何年たってもしっかり確認できる猫さんもいて、不思議です。
友人の猫さんはいつ触っても(とてもスマートな猫さん)チップが手に触れるのでそんなものだと思っていたんですが、個体差があるようですね。
手で分からないからといって、先生が説明くださったように、大幅に移動しているということでもないらしいし、たまたま埋め込んだ場所、猫の皮下脂肪、太り具合など複合的なのでしょうか。

読み取り機についてですが、以前最初に調べた頃(10年前)は共通のものがなくて(メーカーごとに規格がまちまちで)、先生も常備してないという実情で、埋め込みをやめた経緯があります。
でもいまでは、ご自身が埋め込みをしてらっしゃる先生はほぼ常備しているのではないかと思います。
小型のものだと3万円ぐらいなので。

月那さんが埋め込みをしてもらった時期によっては 規格がばらばらだったことも考えられますが、だいたいは先生がお持ちのもので読み取ってもらえるのではと思うのですが。
いま通っておられる先生は 持ってないのですか?
地方にお住まいでしたら、保健所においてると思うので相談してみてはどうでしょう。
東京だと逆に保健所よりも 獣医さんの方が断然保有しています。
事情を話せば、きっと主治医じゃなくても貸し出してくれるのではないかと思うので相談されてみてはどうですか?
持ち逃げなんかしませんよ、ってことでデポジットを納めて信用度アップすることもできるかと思いますし。

古いマイクロチップのレポート記事を読むと、痛みがあるとか、リーダーの読み取りに時間がかかるとかいう記述もありますが、いくつかの種類を見せてもらって目の当たりにしていますが、チップの場所さえ一致すれば ピピッと 反応してます。
やはり位置が動かないで欲しいですよね。移動防止ができるチップや体温も測れるチップ(体温計測が不良で販売停止)もあったらしいですが、これからも進化するんでしょうかね。

チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

チーム福猫

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。