スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じぇじぇじぇ ('jjj') うちの甘ちゃん

IMG_0727.jpg

あれえ コハルたん お洋服なんて着て~~
どうしたのかっなっ?

IMG_0748.jpg

あちこちケアしたいところがあるのでね
ちょっと大人しくしてて欲しいわけですよ

こりは お耳掃除。 お耳ベタベタまっ茶系のコハル。
気持ちいいですか?  >なわけないでしょ ぷんぷん

IMG_0757.jpg

コハルたん ケージで遊んでるのは なんで~~ 

実はね 実はね  コハルたん

いま ハゲちゃってます 

14日に預かり4号宅からで 預かり2号宅へ移動して
隔離治療中

でもこんなに甘えんぼさんだから 早くフリーになりたいね。
IMG_0755.jpg

顛末(いや 末はまだ先じゃが )はこちら↓


14日 預かり4号 コハルの耳の色の変化に気づく! お手柄~~ 
きっとあれだ!と思い当たる節ありて 急ぎ保護猫のベテラン先生へ 
紫外線の照射がしてもらえて スピード診断可能。

やっぱり ・・・  4日ほどひどい湿度でしたからねえ

コハルにカビが取り付いた!  そう水虫と同じあれ 真菌でした~~

こういう時 悠長に菌の培養なんちゃぁしてられません。
そして ゆっくりハゲるのを待ってもいけません。
カビには根っこがあってそれを取らないと
(どうせ禿げるんですから)
帰宅するなり コハルの毛をむしり まだハゲてもいないのに・・・
ごめんよ~ でもこれが早道なんだよ~と

お耳を14日のうちに そして 翌々日尾にもポツポツっがあるのに気がついて
どんどんどんどん むしってむしって 無理やりむしって(ゴメン)
*引っ張るとボソボソ塊で抜けます。
すでに患部なわけで、菌は毛根に住みついているのです。
菌に汚染されているところは数日中に抜けて拡散しますから、胞子が飛ぶ前に一網打尽です。
患部のラインを探るために 引っ張るので そのあたりだけ無理やりって感じです。

IMG_0726.jpg

今はこんな おハゲのコハルたんです。

コハルたん とってもとっても免疫力が低下してたんだと思います。
シェルターでは居心地が悪くて一人ぼっち、上京してきたらノビノビなんだけど

この暑さは何? このじとじと蒸し蒸しは何? うへ~~ まいったなぁと。

真菌さん(一応ペニシリンに敬意を表して さんづけに。この方が治りが早いきもするし~)は
そこらじゅうに存在してる菌ですし、マラセチアは常在菌だし、 はねつける力が
ふつー だとあるんですが コハルには無かった。。

調べてみても真菌の潜伏期間というのは分かってないらしく 信ずるにたる情報が無い。
コハルは 自分で保菌してたのかもしれません。

シェルターでは だ~れも発症してないんです。
もちろんすぐに連絡して ネコの屋内移動をストップ要請、人間も運ばないよう注意喚起。

さ~て 次に困ったのは ちぃーちゃん。
お届けが明日という時でした。
すぐに 里親希望者さんにお電話をして事情をお話し
同じ部屋にはいた グルーミングなどはしてなくて やっとなんとか距離が縮んだぐらい
二人の出身が別々ではあること 相当な初期に発見してること

だけど 先住さんのことを考えたらリスクは避けましょうということで
お届けを1週間見合わせることにしました。

そこで潜伏期というものを調べ出したのですが・・・ 
なんと人間の水虫だと 5年!と じぇじぇじぇ!
参考になりまっせ~~~ん。

預かり2号 末娘をもらってきたとき 実は真菌付きでした。
同じケージに仔猫が5匹。続々発症。4日目にはしっかりま~るいハゲができ…

(つまり 経験者なもんで コハル担当)

免疫力がなくて うつるとすれば 1週間もあれば うつるもんはうつる。
(そんなに力説してどーする・笑)

また今週末にご相談のうえ お届け日を確定していきます。

里親さん 「ちぃーちゃんが隔離されちゃうんですかぁ?」
預かり2 「いえいえ 隔離するのはコハルで ちぃーちゃんはフリーでノビノビですよ」

ちぃーを 移動させて もしかして?の菌から遠ざけるか ただしケージで1週間
ちぃーを 移動させずに 免疫力にかけるか!  このまま慣れた4号宅でのんびりすごす。

出した結論は ちぃーはそのまま  コハルを移動 でした。

さぁ 4号宅も 必死で掃除。布物全部撤去 カーテンも洗って
家中バイオウィル噴霧。

真菌は命に関わらない 必ず治る 
アレルギーのハゲとカイカイは一生もんだけど…

と気合を入れてみるも 梅雨時はねえ 気をつかいますよ ってか 気を普段以上に使わないとね。

というわけで、2号宅4号宅 洗濯と掃除に追われ 2号宅は治療も。

コハルは上手にお薬も飲んで 大暴れもせず けなげにじっと耐えて過ごしています。

ほんとにいじらしい子です。 鳴き声はもともと小さいのだけれど ますます小さくなっちゃった。。

譲渡会に参加できるのも、少し先になってしまいますが 

今回のことで暮らしやすい子であることは太鼓判となりました。

しっかり治癒させて 募集いたしますので どうぞよろしくお願いします。


*真菌 猫 で検索をかけると・・・

苦労話がたくさんヒットしてきてなんて恐ろしい とか 放り出したい とか
そんな気になってしまいそうですが そういった超大変だったケースには共通点があります。

1.発見が遅れた ないしは 確定診断が遅れた 真菌培養に2週間かかるためそれから治療開始
2.その他の皮膚病と間違われ 抗生剤を使って悪化させた
3.上記の理由で 同居猫さんとの隔離も遅れ 人間も気づかずで 感染を広げて治療対象が増えた
4.梅雨時だった (高温多湿がカビは大好きです)
5.飼い主が仕事で不在のため 処置の回数 生活用具の交換・掃除がままならなかった

いま あてはまるのは4.の梅雨時であること。
こればかりは どうにもならず 今日のように晴れてくれるとほっとします。
除湿にしてエアコンを頻繁につかっていますが 猫たちがクシャミを・涙

真菌症は 人畜共通感染症ですから十分注意したいと思います。

あとは コハルの免疫力です。ケージぐらしではどうかなぁ(;_:) 
早く どん底へ行って 上昇へ転換できますように どうぞ皆さんも応援してください。







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

チーム福猫

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。