大震災から2年を経て

3・11はこのブログをご覧頂いている皆さんはどんなふうに過ごされたでしょうか。

あれ以来 人間のことはさておいても 四足家族のための備蓄、もしくは多めの買い置きを心がけて!
と事あるごとに声かけしています。
また仕事などで留守時間が多い方へは、水飲み場の2か所以上の設置と、その形状の再考を。
場合によってはキッチンの洗い桶の溜め水が有効とお話したこともあります。
飢えに耐えることはことはある程度できても、水がないと致命的な猫さんもいるからです。
小さな器の水は ほとんどこぼれてしまって残っていない可能性が高いのです。

震度6強の地震は凄まじいもので カギのかかっていない窓は左右に揺さぶられ開いてしまいます。
歪みがくると サッシの窓枠ごと落下します。ドアは潰されたりひしゃげたり使いものになりません。
(帰省時、そんな状況にカメラを向けることができなくて、紹介できるような画像がないのですが・・・)
勝手に開いてしまうことだけではなくて、自発的にしなくていけないこと

大きな地震の際の鉄則として… 避難路の確保 があります。
地震発生時の行動心得5か条の三番目です。
特に、コンクリートマンションなどは、地震の揺れでドアがゆがみ、部屋に閉じ込められることがあるから、だそうです。
開放逃走は同時に起こります。恐怖のあまり動けない猫さんばかりではなくて、その逆のパニックもあります。
揺れよりも 音による恐怖かもしれません。
猫を譲渡するにあたって 完全室内飼いをお願いし、「脱走防止対策」もとって頂いています。
でも飼い主自ら逃走を引き起こしてしまうような判断が必要なこともあるんです。 
どうぞその状況をイメージし、シュミレーションと対策を考えてみてください。
猫にも飼い主にも生き残って欲しいんです。津波の危険がある地域にお住まいの方も。

震災がなければ そんなことを考えることもなかったでしょうし、
そもそもこのブログもなくて、様々な出会いも生まれませんでした。

震災後最初に引き受けた猫はこの3にゃん。
img4ce6b54ezik0zj.jpg

体重170gの命を救ったのはまるこさん、それを福島から運んで来てくれたのは犬班Aさんでした。
友人だったまるこさんから入った電話の内容は、現地には授乳して育てる余裕はないというSOSでした。
5月11日のこと。原発事故の影響で原発周辺の町村が封鎖になったあとでひどい混乱状態でした。

すくすくと育つキジトラーズは、震災後の重苦しい私たち(協力者含めて)を癒してくれました。
それをきっかけににゃんだーガードから、にゃんこはうすから、またまるこさんから、犬班Aさんからと
(個人ボランティア、愛護団体と依頼があれば引き受けて)お預かりした小さな命は
2011年 9にゃん 2012年 4にゃん 2013年 3にゃん(2月末現在)です。

そのきっかけになったまるこさんと犬班Aさんが、飯舘で給餌活動をされているhibiさんとともに、
新たなシェルターを福島の真ん中 郡山に立ちあげました。
今から・・・です。まだ終わってないからです。
「福猫舎」ふくねこやと読みます。

震災は多くの方の人生を変えてしまっています。

でも、「猫と暮らす」ということで思ってもみなかった人生が開けることだってあります。

だって なんたって福猫なんですから!

福島県が運営している 福島県動物救護本部のHPも一新されてからとても様子が分かるようになっています。
民間ボランティアさんの活動に比べると、発信が少なくて情報もなく、?なところもありました。
シェルター通信もぜひご覧ください。
こちらには東京都愛護センターの団体譲渡(通称引き出し)のような制度はありませんので、チーム福猫がお世話できるということはありませんが、ぜひ福島まで!

福猫舎の気になる猫さんについてはこちらへお問い合わせくださいね。お力になれるかと思います
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

チーム福猫

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団