スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セラピーcat 「だみ声姫ダルマ」

ちいさな 四足の生き物 「猫」 寝子とも書く。
そんな生き物との出会いが、家族の生活を一変させてくれたと、素敵なお便りが届いていますのでコメント欄から転載してお届けします。

1月に犬班Aさんのところから来て翌日お届けしたミーコちゃんの現飼い主さんからです。

DSC_0038.jpg


花音ちゃん改めミーコが当家にやって来て一ヶ月以上が経ちました。
こちらにコメントするのもどうかと思いましたが、ご報告させて頂きます。
(私はミーコをお連れ頂いた当日、出張でお逢い出来なかった次女の方です)
まあとにかくよく食べる子で相変わらず太っていますが、とにかく足が早く「動けるデブ」というヤツです。

家中を走り回る→食べる→暖房前のザブトン(家で一番暖かい場所)で寝る→食べる→母親と遊ぶ→食べるという
ローテーションで毎日楽しくやっています。

特にウチの母親がミーコを溺愛していて、最低一日十回は「ミーコは可愛い」「ミーコ大好き」と言いながら撫でまわしています。
ミーコはやはり前の御家族の方にお年寄りがいらっしゃったのか、母親の事は絶対に噛まないし足元にまとわりついたりはしないんですよね。お利口です。可愛がる対象が出来たからか、母の認知症の症状もかなり良くなってきました。

語彙が豊富になり、明るくなり、感情が安定してきました。
実は、猫をまた飼ってミーコと名付けたいと思ったのは、ミーコという名の21歳の猫が去年6月に亡くなり、その後どんどん母の認知症の症状が悪化して本当に感情が乏しくなってしまったのですが、
年末近くから死んだミーコを探すようになったんです。
ケアマネさんに相談したら、「ただ純粋に可愛がれる存在」というものが本当に心の栄養になるというアドバイスで、それで前のミーコの面影がある花音ちゃんを飼ってみたいと思ったんですね。

キャットセラピー大成功で、花音ちゃん(現・ミーコ)と花音ちゃんと引き合わせて頂いた皆々様に、感謝・感謝の毎日なのです。寒い日が続きます。北関東や福島は本当に寒いと思います。皆々様どうぞ御自愛下さいませ。



追記

ミーコもウチに来た当初よりは少々スリムになりました。
ウチは築50年のボロビルですがムダに広いので、おそらく昼間誰もいない時に
「ひとり運動会」しているのかも…毛並みも最近では柔らかくツヤツヤして、美貌にみがきがかかりました。

テレビで可愛い仔猫が映っていても、母は
「ミーコちゃんの方が可愛いわよね〜ねえミーちゃん(≧∇≦)」などと親バカ全開です。
母の席というか椅子には座らないですね。ウチの最高権力者が母だと見抜いているようです。
私の椅子には座り放題…というか普通に眠りこけてます。

母がデイサービスから帰ってくると必ず玄関で待っているので、介護施設の職員さん達にも人気です。
「もお〜この子、姫ダルマみたい(≧∇≦)」と好評を博しています。
福島的には「起き上がり小法師」に近いと思うのですが…

私含めて家族みんな猫が好きなのですが、一番良かったと感じているのは母親の認知症が革命的に改善された事ですね。
正月などは新年早々暗く(暗いというより無表情)常にやるせない・つまらないといった顔をしていて、
もうこんなマイナスの状態で生涯を終えるのかな…と本人のみならずこちらも大ブルーだったのですが、

一匹の「ダミ声姫ダルマ」のおかげで家族全員ニコニコと楽しい毎日を過ごせています。
過酷な環境を生き抜いてきたとは思えない、超が付く天然ぶりに毎日笑わせてもらっています。
介護施設の方も、母のリカバリーぶりには驚いています。
今87歳ですが、最近の様子では100歳越えも夢ではないかも…それほど強力なアニマルセラピーです。本当にありがとうございました。


猫好きさんなら誰しも、老いても猫と暮らしたいな~とシミジミ思うお便りですね。
ミーコちゃんはペットではなくて大切な家族です。

譲渡前にご事情はお聞きしておりました。
想像のできないような不測の事態・・・というのもあるやもしれず、でも何かあったら無理しないでもらえばいいよね
そんときはまた福島~ なんて犬班Aさんとは フレキシブルに前向きに行こう 的な話をしていました。
こんなハッピーな 行間から本当に笑顔が溢れている って細かい説明なしで十分感じて頂けるお便りかと思います。
ミーコ、福猫でかしたぞ! 

起き上がり小法師のように、諦めないで幸せをつかめるよう 福島っ子の縁組をまとめていけたらと思います。

預かり2号 筆

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

とても素敵なお話とすばらしいご縁を結んでくださった皆様、
ありがとうございます。
moomamaさん、泣けてきたよー!!!

最高のご縁

ミーコちゃん、里親ご一家双方ともに幸せな素晴らしいご縁でしたね。
保護、譲渡に関わった方にはこの上ない嬉しいお便り。
また次へと力がみなぎりますね。

高齢になっても猫と暮らせるのは憧れです。
お年寄りこそ猫とくらしてほしいなぁ。
ミーコちゃんのおばあちゃま幸せ。

黒猫ミーちゃん

ほんとに嬉しいですよ。

被災猫 いえ 成猫にも 立派なというか しっかりした居場所がある!

里親探しにも元気がでます。

ツイッターでも スタバで読んで泣きそうになったと 老猫会員さんが。。

あみさん

このお話を頂いた時に なんて親孝行な娘さん達と思いました。

羨ましいとも思いました。だからこそ 是非まとめたい縁組に。

将来もっと 猫がいるホームとか、そうグループホームなんか猫がいたら

とっても人気が出ること間違いなしとおもうんですけどねえ。

猫は心の栄養になります。

何度も何度も 読んでしまいました、私。

最高の福猫ちゃん

ミーコちゃん最高の福猫ちゃんですね。
私もぽろり(TT)
あれから、どうしてるかなあ?お母様とは大丈夫かな?とか思っていましたが、
こんなにS家に幸せを運んでいたとは。
実は このお母様のディサービス先は 私の母の通所リハビリ先と同じで フロア違いなの。母親同士が会うことはないんだけどね、劇的な回復ぶりに職員さん達もびっくりでしょうね。
こんな良いご縁があるんだなあ と改めて moomamaさんありがとう。
m(_)m

三月うさぎさん

Sさんから頂いた写真をアップしました。
どうぞご覧になってください。
お母様のお顔も・・・ なのでコメント欄でこっそり。
https://picasaweb.google.com/104033086828781464990/BamGYH?authuser=0&feat=directlink
最初の3日は落ち着かず、うろうろして頭をあちこちにぶつけてたそうです。
それとね、仏壇ダイブはあれ以来してないそうで、、、安心した(笑)

カメラ目線な娘だわ。かわいい。お母様も嬉しそうね。よかった。
仏壇ダイブしてないんだww、やっぱ これ見たことある だったのかな?
賢い姫だるまのミーコちゃん。
ミーコちゃんのお顔も すっかり家猫のお顔だわね。
うんうん。♡

三月うさぎさん

お母様の表情が柔和で・・・ 姫ダルマ効果♪
仏壇は安心したのだけれど、襖開けはやってるんだろうなぁ。
お母様もミーコちゃんも、ご長寿で楽しく過ごして頂きたいです。
チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

チーム福猫

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。