スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花音(カノン)ちゃんの物語

花音ちゃんは現在まだ会津のシェルターです。
こちらのカテゴリーで紹介する猫さんは ご応募を受け次第 東京へ移動の予定です。
2012年10月14日に犬班Aさん ブログ:終わりなき日々の向こう側。 に保護されました。
大人の猫さんとゆったり暮らしたいという方の目にとめて頂けたら幸いです。
カノンちゃんのように保護される猫のためにご支援もよろしくお願いします


カノンちゃん
保護主 犬班Aさん ブログ名:終わりなき日々の向こう側。 

人が自由には立ち入れない警戒区域と名付けられた福島の地。
そんなところにも 彼岸花が咲き誇る。そんな季節の
10月14日 支援物資のフードと捕獲器を持って 以前からそっと命をつないできたえさ場へ
会津の実家に戻られた独立後(犬班Aさんは 夏の終わりまで長くにゃんこはうすにて活動)初めて行くことができた。

そこで捕獲器に入って自分の運命を変えたキジサビの女の子。
fc2blog_201210151518535a8.jpg
どうやって食いつないできたやら、それでも3キロ弱はあったというから 1年7カ月の孤独の中
生命力の強い子だったのだと思う。

表情は違うものの その色柄は預かり2号宅のメイちゃんによく似ていて 
目が釘付けになったあの日からもう3ヵ月も経っている。
花音と仮名がつけられたメス猫は・・・ 避妊がされていました。
人慣れもしていて、明らかに 3.11以前は家族が居たはずで 
ひょっとしたらこの子を探している飼い主さんがいるかもしれないと望みをかけ
手をつくしましたが、情報は何も得られませんでした。

カノンちゃんは 猫が嫌い、シェルターはこの先も猫が増えて行く、、、
この3ヵ月という区切りを持って 新しい生活の道を探していくことにしました。

犬班Aさんは 目つきが悪くなってしまって本当は可愛いのに良い写真が撮れないと嘆いています。
が、うちのメイに比べると つり上がった眼ではなくて どちらかというと情けな顔に見えています^^
サビの入った子は賢い(自画自賛)し、表情や性格の出し方が本当に愛おしい。
抱かれたりすることは苦手なようですが、

大人のマイペースな猫さんと暮らすことは、
あまりご自分の生活もかき回されずにのんびり過ごせる選択かと思います。
本当に幸運に警戒区域から出ることができた猫です、どうぞ生涯一緒にいてあげてください、
そんなご縁を結びたいと思っています。

fc2blog_2013010920251111c.jpg


また猫の年齢はなかなかよくは分かりません。
うんと若いか うんと高齢かぐらいしか・・・
カノンちゃんは5~6歳~程度ではないかと、想像でしかありませんが、落ち着き加減から。
遊び盛りではありません。
大人の猫さんが共同生活のシェルターで暮らしている場合には、
性格によってはかなり遠慮がちに暮らしています。
一般家庭では、またちょっと観察の様子と違う一面が出てくることもあるかと思います。

花音(かのん)ちゃんの詳細は続き↓をご覧ください。


仮名:花音(カノン)
■色柄:キジサビ(一部むぎわら)
お顔、尾などには鮮明に縞があり一見キジですが、模様全体はサビで 
明るいラクダ色が入る麦わら三毛でもあります。
■性別:メス
■保護日:2012.10.14 
■保護場所:福島県双葉郡浪江町加倉
■保護時体重:3.05kg 現在はかなり増えて4キロ台後半かと
血液検査では、異常は見受けられず。
下半身にカサブタが多数有り。
■猫エイズ・猫白血病:共に陰性
■ワクチン:①10/19(5種)/②11/30(3種)
■特記事項:保護時、既に避妊手術済。

【性格など】
■マイペース。
■猫嫌い。人は好き。
■控えめな甘えっこ。
■ダミ声。(但し、滅多に鳴かない。)
■一人でお気に入りの場所を見つけて好きな場所で寝るのを好む。
■お腹が空いたときや、甘えたい気分になったときは、人の傍に来て顔を見上げる。
■頭頂部・顎・首の後ろを撫でられるのを好む。
但し、撫でられたい気分では無いときにしつこくすると噛もうとする。(実際は噛まない)

■下半身・お腹を撫でられるのは嫌い。恐らく野生動物等に襲われた経験があると思われる。

■ウェットフードもドライフードも好き嫌いはあまりない。
■飢餓の記憶というのは消えないので、保護後はガツガツとフードを一気に頬張ることが多く、食事中に他の猫が近づくと唸ることもありましたが、最近ようやく落ち着きました。(…が、ちょっと太りすぎだと思われます。。。)

【好きなもの】
■ふかふかふわふわな毛布やベッド。
■ちょっと薄暗くて静かな場所。
■焼きかつお



震災の年にお引き受けした猫8にゃんを搬送してくれた犬班Aさんですが、
現在一人でシェルターとレスキューを切り盛りしているため、
今回は不肖ながらmoomamaが搬送役となる予定です。
迎え入れにあたっては、ワクチン費用・ウィルス検査費用のご負担をお願いしています。
花音ちゃんは避妊済みだったため(麻酔をかけたのち判明) 避妊費用のご負担はありません。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

チーム福猫

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。