帰って来たクロちゃん:23本抜歯

75565.jpg

8時のクロちゃんです。 頑張って耐えて帰ってきました。
くたびれて寝ています。痛みがあるのを我慢しているのかもしれません。
一目散に 段ボールベッドに向かいました。
チーム福猫メンバー この写真を見て誰もが撫でてあげたいと 

結局抜歯した歯の総数は 23本でした。
大きな歯は分断して抜歯したそうです。人間並みです。
抜歯した歯の画像はこちら

手術時間は4時間に及び 午後の診療にくいこむほど。
頑張り屋さん!と 先生も看護師さんも手放しで褒めてくださるクロちゃんに
丁寧な丁寧な処置を施してくださいました。感謝でいっぱいです。

抜歯した歯 1本1本の詳細を残してくださり
ha1.jpg
*色分けで表されています。
歯肉に歯が埋没していたもの 歯冠が溶解していたもの 
中途で折れていたもの 抜けてしまっていたけれど歯根が残っていたもの
レントゲン写真と照らしての慎重な抜歯をしたそうです。 
「半端に残さない」と希望を伝えていましたが 先生もそのつもりでかつ
それぞれの歯を抜くにあたっての状況も納得いくように記録してくださいました。
口腔内全歯分の内容は こちら

レストラン主も保護してみるまで 口の中がこんなだと思ってもみなかったと。
カリカリも 美味しそうに音をたてて食べていましたから。 
食い気の方が勝っていたにしても… 痛かったろうに。
そして今夜は最後の痛みとの闘いです。 頑張れ あともうちょっと辛抱して、クロちゃん。

ご褒美は
「これで健康になる!」という 自信溢れる先生の頼もしい言葉。
このあとは2週間後にもう一度抗生剤のコンベニアを打って終了となります。
縫合してますが抜糸はありません。

今夜は絶飲絶食 って  昨夜からずっとです 
明日になったら また食い気復活で食べてくれるかしら 食べてくれますように。

75624.jpg
最初の写真から2時間後の10時過ぎ。
身体の向きは変わってるものの やはり爆睡。
静注留置針のあとの包帯を取っても まだ爆睡。

身体を休めてエネルギーはすべて傷の回復に使う。疲れたんだよね。 

お口の中はどんななのか・・・ 腫れてないかなぁ…  

気にはなるけどそっとしてます。


そぉ~~とのぞいて クロちゃんの胸がかすかに上下するのを見るだけで
ああ 良かったと安堵するレストラン主も今夜はちゃんと眠れるでしょう。

ここ東京は嵐の1日が終わろうとしています。
クロちゃんの猫生の嵐も終わろうとしています。
あとは 赤い糸  だね。

皆さまお休みなさい。今日は応援ありがとうございました。

続きを読む

頑張れクロちゃん:永久歯抜歯手術

家猫修行中の黒サビの クロちゃん

S__9216041.jpg
あらあら これはキッチンではないですか  甘やかされてますね 

一人ぼっちの隔離は終えて 先住2にゃんと一緒の時間も。
S__9216045.jpg
自分の身の置き所をわきまえていてトラブル無し。 苦労人のクロちゃんだねえ 

そんな平穏な日々を暮らすクロちゃんですが、今日いよいよ 永久歯の抜歯です。

永久歯全抜歯手術 20本 ですヨ 

57730.jpg
これは見積もり書。

術前検査では異常もなく安堵したのですが・・・ やっぱり心配です。
全ての歯を一度に抜くなんて、、、 経験がありません。
状態は悪いけれど まだ若いクロちゃんの歯はきちんと残っています。抜け落ちてはいません。

でも難治性口内炎治療の一番の近道は抜歯。

どんなにサプリや鎮痛剤を使い続けても加齢とともに状態は悪くなる一方なのが一般的。
麻酔が問題なく使える今だから・・・ 頑張れクロちゃん

抜歯によって ご長寿猫さんになれた口内炎持ちの猫さんもたくさん知ってるからね。
一時 クロちゃんの痛みと恐怖はいかばかりかと思うけれど 頑張ってもらいます。
幸いなことに病院に行っても 診察台の上でもゴロゴロにゃ~んのクロちゃんだから
あとは先生に託します。

お家に入ってからもうすぐ2か月。
体調管理もしっかりでふっくらしたし。 お耳の中の耳ダニも退治完了。
里子になれるかも ということで
先生が、ダニで痛めつけられた耳の粘膜もきれいに治療しようねと 治療の手をゆるめません。

S__9216044.jpg
みんなに愛される クロちゃんのために 祈ってください。
クロちゃんが頑張れるように 


*手術は昼過ぎから  退院は午後7時ごろを予定しています。

クロちゃん応援のぽちっとを!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

光圀(みつくに)みっくんです

時は平成二十六年六月二十日 
福猫舎(まるこ城)にて静養なさっていた御老公(年寄りじゃないのですが)の光圀様が、
元締めが担ぐ籠にて上京されました。

あ~~っ 言葉が面倒!(笑)

で、みつくにくん  これも面倒!  よって、今後はニックネーム「みっくん」といたします。

上京当日のみっくんは紹介記事にてごらんいただきましたので、その後の様子をちょっとだけ。
当日はドアを開けたままのケージで過ごし、
翌日は さっそく探検かと思いきやふと見えなくなり
 探したら棚の上から家の中を見渡していました。

DSCN2550.jpg

しばらくはそのままじっとしていましたが、
そのうちに寝袋が落とされ リュックが一つ落とされ二つ落とされ・・・(笑)
そうなると足元が網で危ないのでダンボールを敷きその上にマットを置き。
DSCN2561.jpg

が・・・45センチのマットは少し小さくて伸び伸びできなそう。

そこで、一気に取り払って みっくん専用スペースを確保。
1メートルある横幅、今度は広すぎて端っこに寄ってる?(笑)

DSCN2563.jpg
でも やっと手足伸び伸びのお昼ねタイムで一安心。
マットからはみ出てるけど 初めて後ろ足の肉球が見えました。
DSCN2569.jpg

DSCN2572.jpg


この伸び伸びスペース、
棚の高さが2メートル近くでチビの預かりが背伸びして片手にコンデジを持ち、
さらに柱につかまりながら精一杯片腕を伸ばしての撮影のため ブレブレになってしまいます。

御老公様には まだ 

「くるしゅうない近うよれ」

 のお許しをいただけておりませぬ故 
今しばらくはボケ写真でご容赦を(笑)

ポツリポツリと様子をお知らせしますので よろしくお願いたします。 (5号)



みっくんの可愛さ伝えたくて 写真が選びきれなかったチーム福猫
欲張ったけどまだアイコンが作れなかった(;_:) 
作りたかったのはこれ
mitukuni2.gif

ぽちっとは こちらの動かない方でお願いしますm(__)m
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

ニューフェイス上京

佐野ラーメンの日 
60546.jpg
目的はラーメンでなくて まるこシェルター福猫舎の猫の搬送。
今日は搬送ルートが長いので (250キロを超えてました)
ドライバー:預かり2号と助手席に連絡係り&お喋り相手&眠気対策としてレオン君のママも一緒。
待ち合わせのSAでの短い休憩時間は久しぶりに3人でのランチ。さっさと食べて、お水をキューと立ち飲みしてw

また東北道を戻り 外環道を抜けて 光圀しゃん (通称みっ君となりそう)
DSCN2543.jpg
を預かり5号に託し

再度首都高に乗って都心に戻り それからまた中央道を走り  外環道が繋がっていれば…も少し楽だったか。
(晴天で良かった~ 帰宅足のまるこさんはゲリラ豪雨に難儀したそうで)

新人預かりさん宅へ 梅子さんをお届けして引き継ぎを。
S__30089240.jpg
癒しの梅子さん。

チーム福猫の二人には 「先の発表写真が悪すぎた。」
「な~んだ梅子さんむちゃ可愛いじゃん」と  さんざ言われまして。。
が、あの梅子さんも相当イケてると思うんですが 玄人受け狙いが過ぎましたでしょうか

みっ君は ささやかにウーシャーが出る※そうですが 出すべきものはちゃんと出て順調。
梅子さんはさすがに梅子さんなので、マイペースでお過ごしのようです。
笑えたのは 
仮母のことは踏んづけては歩かないのに 
なぜか 仮父のことはドスドス踏みつけにしているそう  

お二人さんともおやつやまたたびやらで 早く預かりさんと仲良くなれるように鋭意努力しております。
絶賛家族募集中。

※ 急にびっくりさせたりした時ですヨ!

預かり2号 昨日の運転で腰が痛くて  TOPの書き換えもままならず、新しいアイコンも作成できず。
また 快復次第ということでこれにて御免。

幸せになる子たち~夏の部スタート

福猫舎のまるこさんが久しぶりにブログを更新してました。
タイトルは 幸せになった子たち~春の部
で、今日のタイトルはパクリですw

こちらのブログもちょっと間があいてましたが いよいよ 夏の部開始のため
明日は恒例の 佐野ラーメンの日 佐野SA待ち合わせ搬送です。

初めて預かりをするぶばさん宅も準備万端。
先ほど頂いた写真は
S__30072942.jpg
猫キューブにボックス爪とぎ設置完了♪  梅子さん少しダイエットが必要かしら( ´艸`)プププ

超ドキドキです と待っててくださって。

ベテラン預かり5号には 家猫トレーニングを兼ねて 光圀君が行きます。
こちらは 譲渡会参加は秋になってからかなぁと 様子見の子ですが 自宅でのお見合いは大歓迎です。

暑い時期の搬送なので 万全の態勢で頑張ります。
ブログの更新頻度もあげてまいりますので また応援よろしく!

続きを読む

マ、マロさん 王様になる!

現在開店休業中・・・ 
福島から迎えてる猫さんは居なくて、 昨年の今頃が
モコ 小春 ちぃ~ 麻呂  誉ベビーず とてんやわんやだった賑やかさに比べると 静かな日々。

そんな今日 マロさんのご家族から近況が届きました。
*TOP画像の中 真ん中列の右端がマロさん

お届け1年記念日  でした。

DSC_0044.jpg

うわぁ~~ん マロさん まるで王様  です。
あの 周りの気配を伺いつつ何気に僕をかまってとアピールしてたマロさんに

自信がみなぎってる

健康診断の血液検査の結果も問題なしだそうで、元気にやってくれてて… 嬉しい

体重は増加傾向で  5.4キロキープと。 こんな食べっぷりでしたからね、致し方ないかもw

飯舘から 会津 郡山 埼玉 そして マロさんの旅は東京でお終い。
6月5日上京 9日譲渡会参加 13日にはトライアルへ  とあっという間に自分の居場所を作ってしまった
ラッキーボーイでしたが、ボーイではなくて 貫録のついたおいちゃん 王様に大変身。

皆にゃん マロさんに続こうニャ!   もうちょっと痩せてもいいと思うけど… ww 

飯舘っこの嬉しいニューすは 誉母さんにも。
誉母さんはいま 餡ちゃんとしてやはり東京で暮らし始めています。
子供たちもにぎやかに幸せに暮らしてるから、母さんにも安住の地をと願っていたので
とっても嬉しいです。 餡ちゃんの様子は こちら で。

仔猫巣立ちました お届け完了

2014年の初仔猫。
上京後あっという間にお家が決まって・・・ ただただお届けまで預かるというお仕事でした。

当初拾われた被災者さんは小さな子たちの下痢にも悩まされ、増えない体重と睨めっこで
さぞ大変だったろうと思います。
こちらに来てからは スムーズに離乳もできて 預かり2号など一度も軟便すらみず
(動く回虫は見ちゃったけど  )
怪我をさせない だけに気をつけて 本当の家族へとバトンタッチができて嬉しい限りです。

saigo.jpg
4にゃん揃っての最後のご飯。

一足先に 大福ちゃんと鹿の子ちゃんが嫁ぎました。
新しい名前は 福ちゃん(福島と大福から)とメイちゃん(五月に来た子)となり 家族中のアイドルに。

そして昨日
2014-06-07 10_02_41
最後の爪切りをして Maxくんとあんこちゃんを お届けに行ってまいりました。

新しい名前は だいず君とあずきちゃん あんこ→小豆 男の子なので、きなこ とできずに だいずと 

どちらのお家にも 先代さんの写真が飾ってあって、、、 そっと よろしくねとご挨拶。

自分の経験から・・・
新しい子を迎えると 
亡き子の小さかった頃や癖や笑えた失敗も みるみるうちに忘れていたことも甦って来て
話題が倍になります。
亡き子の身体は確かに無いのだけれど、 やっぱり一緒に生きていると想います。

2014-05-20 14_11_34
あっという間に チビすけなのに こんな猫らしい姿もみせるようになって
あんこちゃん とうとう最後まで可愛くお顔が撮ってあげられなくてごめんね。
黒猫しゃんはむずかし~~い 

2014-05-26 17_13_40
2014-06-07 12_22_31

幸せにね!

保護猫黒サビちゃん@品川

番外編です。イレギュラーです。
福島の猫ではありませんが、福猫に違いない黒サビちゃんの紹介です。
チーム福猫メンバー あるところに給餌場所を持っています。
緊急保護をしたのは この子です。

P1020913.jpg

品川の小高い住宅地 猫があふれているので有名な家があります。
猫を気に掛ける方ならば 誰もが気付いているお宅です。
こういうのを猫屋敷というのでしょうが、屋敷というには小さくて、そこにいる猫たちの状態は決してよくありません。
時折 愛護団体が強制的に整理に入ることもあるようです。
少なくとも密かに複数の人間がTNRに関わっています。
チーム福猫メンバーもかつて、その屋敷のこぼれ猫たち、何匹避妊去勢してきたか・・・
生まれたばかりの仔猫が保護できて、里子に出したことも一度や二度ではない、 そんなところ。

黒ちゃんも そこから移動してきて リバーサイドレストランに居ついて静かに穏やかに暮らしてきました。
震災の前からなのでもう3~年になります。
若くして、「あたしこっちがいいわ」 という黒ちゃんに気付いた時にはすでに耳カットがされていましたので推定5歳。

2014-06-03 16_23_35
この左手をみて! フミフミしてるから 僅かだけれど踵が上がってる。萌 


そんな平和が打ち破られたのが このお方のせい。4月の終わりのことでした。

20140606083856.jpg

未去勢の男の子、というよりは かなりのオジサン。
傍若無人でレストランのルールは完全無視。
下痢を垂れ流し 近所じゅう大迷惑。 
もっと迷惑だったのは 黒ちゃんがご飯が食べられなくなってしまったこと。
急きょ 捕獲して去勢するも シラミをそこらじゅうに撒き散らしてた
去勢したからと急に落ち着いてみんなと仲良くできるはずもなく・・・
正直 いっそどこかに放浪してくれと懇願したくなるレストラン主 

一番脅えて 食餌にありつけなくなった 人間大好きのべた甘黒ちゃん
決意の末 レストランメンバーから 家猫修行させるべく保護しました。

福島の猫ばかりではないのです、、、外猫の厳しい生活。
心痛めてたメンバーの奮起です。

乱入猫は こびりついた汚れを落としてもらい お腹の治療も兼ねてケージ暮らし。
これで何とか他の子も食事ができるかなぁ~
まったく先が見えていません。
20140606083704.jpg

黒ちゃん いつもフミフミしてて おもちゃでもよく遊び
シャンプーもドライヤーもOKな子。 外暮らしは辛かったね。
毛艶はまだよくないけれど 次の冬毛には艶ぴかになることでしょう。
年齢の割に口腔内の状態は良くありませんでした。
抜歯を視野に治療が必要です。
生活に支障は無いし、投薬も楽ちんになるし 将来のリスクは消えるし
大きな抜歯手術になるけれど、今は頑張ってもらって 譲渡会参加目指します。
ウィルス検査は FIV FeLVとも陰性。

      

2007年11月 その猫屋敷で保護した子。
生後3か月近いのにがりがりで小さくて猫風邪でお顔はぐちゃぐちゃ。
目が癒着してて・・・ 後遺症は覚悟した。 まだ保護も譲渡も経験値の低いころでした。
imgca4c722ezik7zj.jpg
目はアチコチ向いてました。瞬膜は出っ放し、鼻はガビガビ。臭う 

それが今では  こんな王子様。

S__8364043.jpg
笑い話の大捕り物だったのだけど あの時保護しててよかった 


黒ちゃんだって ピカピカのお姫様になりますって 


浅草へ 原発被災地を生きる犬猫たちに会いに

会期が延長となって (だから行けました!) 
チーム福猫(全員じゃなかったけど)でお出かけしてきました。

上村雄高 写真展
『Call My Name – 原発被災地を生きる犬猫たち』

@ ギャラリー・エフ 浅草 6月8日まで(最終日5時)
浅草駅A5出口徒歩0分 すぐ分かります。

この写真展に展示されている犬や猫たちは 
震災前であれば福島の典型的なごく普通の農村地帯、いまは人が住むことが許されない飯舘という村に
取り残されていて、飼い主の帰宅を待ったり、給餌ボランティアの宅配を受けて生きています。
東京電力福島第一原子力発電所の事故は広い福島を分断して、過去に例を見ない環境破壊を
引き起こしていますが、そのおかれた状況(もちろん被害を含めて)は一様ではありません。
飯舘は誰でも自由に行けるけれど人が住んではいけない土地です。


私たちは 給餌やレスキューには関わっていませんが、展示されている写真の中には縁のある場所があります。
それは犬班A。さんの亡き愛犬ちびちゃんだったり、この写真の家だったり。
2014-06-04 14_11_52
タイトルは「白たぬ茶たぬ」 
実物の写真はぜひ会場にてご覧ください。
茶たぬは あぶくまシェルターに収容されて 現ココア君。

この家に居ついた 麻呂くん現マロさん この家にたどりついた六花現リリーさんの生きた足跡を・・・
垣間見せてもらいました。
どの写真も
犬や猫たちのまっすぐな視線、目力には 胸がキューっとなります。
怒りでも悲しいとかでもなく ただただキューっと。


飯舘は飼い主さんがいる犬猫と 勝手に一緒に居ついて生活している 「居つき」と呼ばれる猫とが
そろって給餌を受けている・・・ 時にえさ場を持たない猫は道端給餌ということも
ある意味 大きな地域猫地帯なのです。

彼らは
飼い主さんからつけてもらった本当の名前(被災動物の場合それは分からないことも多く)
個体識別としての共通の名前や保護されてからの仮名と  実はいくつもの名前を持っていたり。
いくつもの名前を持つのは万国共通で、野良さんたちいずれも一緒。

Call My Name  僕の名前を呼んで 切ないタイトル。

たとえ飼い主でも飼い主でなくても 君たちの名前を 上村さんはじめ多くの方々が
あふれる親しみを込めて 呼んでることを知っています。

だからこそ

チーム福猫は 1にゃんでも多くの猫さんに 生涯唯一の名前をプレゼントできたらいいな・・・

との思いを新たにしています。


ギャラリーエフには カフェも併設されていて それがまた居心地が良くて・・・
ついつい長居をしてしまいました。

2014-06-04 13_57_49
こんな段ボール製の猫さんも迎えてくれます。
見どころ・感じどころ 満載の写真展 まだ間に合いますので どうぞ足をお運びください。




思わず
ああ~  猫だらけ展 お尻に火  がつくもハートに火がつかず 
くらくらと目眩が 


行けないというかたは ユーチューブで

続きを読む

千客万来

una1.jpg
貴女がボロボロにした畳、感触はどうですか?

これは誰でしょう? そう リリコさん 改め ウナちゃんです。
ウナちゃんは預かり2号宅のすぐご近所さんに嫁ぎました。
5月12日にお会いして正式譲渡のお申込みを頂いてましたが、
今日は揃って、書類に署名に来て下さいました。

ウナちゃん 勝手知ったるお家。 
畳にスリスリ~ 出窓に飛び乗り キャットステップを駆け上がり 先住百ちゃんともご挨拶出来て…
きれいな瞳で ハンサムだぁ 

「僕がいっしょに暮らす猫は 本当に大当たりの素敵な猫ばかりなんですよ」とHさん。

「あはは それって親馬鹿全開ってやつですよw」 といいつつも、「確かにウナは大当たりですけど!」 
新しいご家族から 満面の笑みで 
「大当たりの子」と言われて嬉しくないわけはありません。 ほろっ。

超活発なウナちゃん、出戻ってもおかしくないぐらいのダッシュぶりなようですが、
幸いにもお住まいの階下への騒音を気にせず暮らせる環境で安堵しています。

当初の昼夜逆転(ご迷惑おかけしました)もなんとかおさまりつつあるようで、平和な日々も近い?
お仕事の関係で、車で遠出の移動をすることもあるとお聞きしてましたので
ハーネスの着用やマイクロチップなどお願いして 
くれぐれも脱走に気をつけてくれるように、またしつこくお願いして、、、。

そんな里親さんと譲渡猫の里帰りを一緒に見守ってくれたのが、若いKさんたち。
una2.jpg
一緒に楽しそうに遊んでくれました。

Kさんはお仕事で犬猫に関わったことはあっても、自分では飼ったことがないという 変則的初心者 
一般的な愛護団体からの譲渡は難しいかなという譲渡条件の項目もあるのですが・・・
それを差し引いても余りある 愛情と意欲と責任感 
なにより猫と暮らしてみたいというキラキラした強い憧れをもつ いまどき珍しいほど礼儀正しい若者たちなんです。
猫と暮らせて お家の無い猫さんたちがそれで幸せと思ってもらえたら それは 私たちにとって
WIN WIN と そんなふうに思ってくださっているお二人。

私から提案したのは・・・ 預かりボランティアでした。
お住まいから 西大井、自由が丘での譲渡会参加のみとして、基本フードはこちらから供給することに。

シェルターの様々な 預かり候補の猫さんたちの写真を見て頂いて 決まったのは

IMG_0919s_20140604092820d23.jpg

渋い! 渋すぎる   Kさん 梅子を 「かっこいい」 と。

先住猫さんも居ないので エイズキャリアでちょっと年もいってる風な梅子さんを預かって頂けるのはとてもありがたいこと。
梅の季節ですもん、 梅子さんの幸せも結実できますように。

Kさんも チーム福猫のあらたな 「お試し預かり」 の形でハッピーになってもらえたらと思います。
Hさんからは
 「福島の猫 貰ってやってください。いい子ですよ~。僕も むちゃ条件悪いのにお試しさせてもらって、ウナと幸せ。」
と目線は会わせず照れくさそうに若いお二人にひとこと、でした。

続きを読む

チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

チーム福猫

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団