スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました

今年もあとわずかとなりました。

あと1時間 それで何か大きく変わるわけじゃないのですが
来る年が 少しでも良い年に 
福島を取り巻く環境が
少しでも良い方に向かいますようにと願っています。

初詣の際には 願い事の最後に ほんとに最後に

白血病ウィルスと闘う子たちが陰転しますようにとつけて加えて下さったら幸いです。

>言霊 は強い力をきっと持つから。

福猫舎では、アニモンはじめ いま陰転治療をしている子たちは9頭だそうです。
ご支援頂いた基金から今後も安心して必要な検査を受けてもらうことが可能です。

ありがとうございます。



今年チーム福猫の預かりのもとを巣立った猫さん達は
仔猫 8頭 成猫9頭(うちFIV陽性2頭)他にお試し中1頭 です。
新しい家族のもとで新年を迎えます。
雪にまみれたお外でもなく シェルターでも無く 
自分の家で 家族とともに
ぬくぬくしたり 猫家族と諍いを起こしたり 普通の時間を過ごしていることと思います。
想像するだけで温かい気持ちになれます。

ありがとうございました。

チーム福猫一同



スポンサーサイト

ちー(千寿)3週間目

ちーです
DSC_2562.jpg


我が家に移動して来てから3週間が経ちました
ちーの何を伝えたらいいのかとずいぶん考えて・・・

ちーは小柄だという思いこみで見ていましたが
身体はごく普通の猫の大きさだと思います

え~と、身体のわりに声が大きいです
時にびっくりするほどの大きな声で呼びます

部屋の片隅でじっとこちらを見ているような
おとなしく静かな猫らしい猫と言われていましたが
すっかり慣れた今では思いのほかおしゃべりさんです

寝ているとき意外はしょっちゅう何かを言いに来ます
それは「ここの窓を開けてよ!」だったり
「外に猫がいるみたい、あれはだれ~?」だったり

時には「おやつちょうだいよ~!」だったり
何か預かりには分らない「にゃあ~っ!!」だったり
「な~い な~い」と何かを探しながら歩いています(笑)

名前を呼ぶと来ます、膝をポンと叩くと膝に飛び乗ります
ひざの上では喉を鳴らしてゴロゴロです

大人の男の人はちょっと苦手のようですが
子供はどうでもいいみたいです
DSCN1797.jpg


夜はケージで静かに寝ます
が・・・
ケージから手を伸ばして触れるものをケージの中に引っ張り込みます
箱ティッシュ1箱分の中身、ショール1枚
翌朝ケージの中で悲しい姿で発見されました
でも、家の中でフリーにしている時にいたずらはしませんので
夜一人ぼっちのケージの中がつまらないのでしょうね

人間とじゃらしで遊びますし、もちろん一人でも遊びます
DSCN1732.jpg


と ここまで書いて自分自身の語彙の貧弱さに情けなくなり
この先はただただ写真にすがります(笑)
DSCN1713.jpg

DSC_2560.jpg

DSCN1700.jpg


ちーの可愛さは写真でも伝わるかと思いますが
ちーを撫でたときの感触は触ってみないと分りません



言葉ではとても表せないこの柔らかさ
新春には是非、実際のちーに会いにおいでください

この手触り、決して損はさせませんよ~

アニモン基金もよろしくお願いします

アニモン基金報告5回目

チーム福猫、2013年の仕事納めを着々と、、、。

昨日 預かり2号&4号で湘南ライナー(初めて乗車!)にて 
雄大をお届けしてまいりまいりました。
yulast.jpg

チーム福猫では大小さまざま5つのケージを使いながら預かりをしたり、お試し期間用に貸し出しをしたり。
災害時用に介護用に、用途は様々。新しい猫を迎える時にも、安全確保と互いの認識のために大事なパーツとしておススメしています。
用意してくださいました。
yuotamesi.jpg
頑張れ! ユウ。 里親さんも気配りしてくださって、うまくいくと思います。
猫どうしのことは猫に任せつつ、人間の知恵も生かしてこそだと思います。

成猫と同じ扱いで お試し期間を長い1ヶ月としていますので、正式譲渡は年明けに持ち越しです。



アニモン基金 ご協力ありがとうございます。年内最後のご報告です。

シェルターでは順次再検査が行われている旨、ご報告頂いております。
本日43にゃん分の検査費用補助 129000円の振り込みを完了したしました。

お振込を確認させていただきました方々は下記の通りです。

佐さま 橋さま+α 篠さま 矢さま NTさま 柴さま 羽さま

振り込み案内が漢字氏名の場合は、読み方が正確にわかりません。最初の1文字で記載いたしました。カタカナの場合は 名前・姓の順でアルファベット表記とさせていただきました。

全頭検査が一通り終わりました段階で、残高表示を含め今後の運用までまとめ報告を予定しています。

検査1頭に付き 3000円の補助金を振り込みます。実際の検査代は、病院によって金額が異なります。



続きを読む

ユウ巣立ち直前

雄大 東京に来た時にはひよわっちぃ仔猫でしたが、素敵な青年になりました。

DSC_0132.jpg

揃えた前髪も可愛いから凛々しいへ。

DSC_0138.jpg

すっかり預かり宅にも馴染んで お気に入りの場所もできて

でも、ここは君の家じゃないんだ。

アン・ドゥ・トロワと名付けた おそらく血のつながりは無い 兄弟妹の
一番最後になりましたが、 いよいよ明日からお試しに。

みんなの分まで、アニモンの分まで 

続きを読む

メリークリスマス!

クリスマスイブ 皆さんいかがお過ごしですか。

東京のイルミネーション ライトアップは写真にしてみると
なんだか昔の写真と違っています。
LED電球のせいか 光がちょっと寒々しくて オレンジ色の灯りが懐かしいような。
かと思うと 目黒川にはピンクのLEDで冬の桜を咲かせようという並木もあったり
バリエーションが広がっています。

実家のある福島のとあるさびれた街のイルミネーションは イルミネーションじゃないと母。
なんだかとても街が寂しいというので
宝くじでも当たったら ど~~んと電球プレゼントしたいと思う娘 です(笑)

皆さんにご心配頂いておりました アニモンの預かり宅の保母・保父猫のFF検査が終わりました。
おかげさまで陰性で、関係者一同安堵しました。
まるこさん、犬班A。さんとも号泣で・・・

ゆき・ハナコンビはとても仔猫の面倒見が良くて マメにグルーミングはしてあげてたし
単に同居していたというよりは濃厚に接触する生活をしていました。
免疫力のしっかりした成猫にはそうそう感染するものではない、と文献にありますが…

アニモンの陽転が分かり急遽隔離してから1ヶ月と少し。
このまま年を越すわけにはいかないし、預かり3号ことゆゆさんを連れ出して病院へ。
2枚の検査結果票(作成済み)とキットを手にした先生が診察室から出てこられて
「はい エイズも白血病も陰性ですよ。大丈夫ですよ」と言われた瞬間は…
泣けて 嬉しくて 力が抜けて   重しが取れました。

アニモンの陽転が分かってから ゆゆさんがつぶやいていたのは
「福島の子たちみんながそんなふうに悪いイメージ見られたらどうしよう」
「預かり人になるのが恐いとか思われたらどうしょう」
「アニモンは・・・ アニモンは・・・」
でした。 でも同時にもちろん姉弟猫のことも心配で、、、 
気持ちの整理をするには少し時間も必要だったので 
診断をラボに依頼するという選択肢は避けて 今日の検査となりました。

これまでの期間 いろんな方の協力で猫白血病について資料を読み進めたり
実例の足跡を追うことができたりしたこと、深く感謝しております。

これからはいっそう勉強して知識を深め 畏れず怯まず侮らず 

我が子を守りつつ やっぱりお家さがし 幸せの赤い糸探しは続けていきたい

というのが預かり一同の変わらぬ気持ちです。


年賀状の社交辞令ではなくて^^  本当に

「今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします」 預かり一同



預かり2号記す



アニモン石鹸できました! チーム福猫からありがとうギフト

アニモン基金にたくさんのご支援をお寄せ下さってありがとうございます。

スタート時は、老猫会の会員さんや 十猫十色猫だらけ展縁の皆さんのお名前がずらり…
それから福猫舎をご支援くださっている皆さんと続き

少しずつアニモン基金をブログなどでご紹介くださる方が増えて存じ上げないお名前が…
(それぞれのブログなどへお邪魔してお礼が言えてなくてすみません)
そういった記事で基金のことを知りました、福島のことを知りました 
と支援のメッセージを頂戴するようになっています。

ありがとうギフトの発送のお知らせの中で書いているのですが 

「輪」

今年の漢字一文字そのもの です。

akuriru.jpg
桜咲け アニモン

老猫会つながりの ぼんちゃんがアニモンを描いてくださいました。
ぼんちゃんは趣味で色々な画材で猫を描いたり彫ったりしています。
特に100均の材料でどこまで描けるか!などユニークで、仲間内からはぼん画伯と呼ばれています。

このアニモンを題材にチーム福猫制作部(いつできたんだぁ?)が

DSC_0053.jpg
3色作りました。なかなか原画の色を再現できず、ほんの少し薄めの色合いです。

こんな可愛いデコパージュ石鹸に仕上げました

ありがとうギフトに新登場です。

どうぞまだギフトの申請をされてない皆さん 遠慮なく!

住所をお知らせくださいませ。

ただ、、、年末なので 発送は来年ということでご勘弁を 

どうぞこのアニモンをおそばにおいて 陰転治療している子らに声援を

お願いいたします。


お申込み方法はTOP固定記事からどうぞ。お色は選べません。

オトナっぽくなったか? ユウ

今日の東京は大荒れ。
昨夜降り続いた雨があがって あの差し込む陽射しでお洗濯をした方も多いと思う。
一転して突風 暗闇 雹に大粒の雨でした。

11月4日の譲渡会後、預かり2号宅へ移動したユウは
歴代の預かりさんになかなか会う機会もなく過ごしてて

来週はいよいよ巣立ちだよ、ということで、とんだ面会日和でしたが
大きくなったねえ あれ?そんなに変わんないねえ 様々な声の中

1387530013808.jpg
ちょっとおされ~して 来客をお迎えしたユウでした。

同郷のレオン君(募集仮名ふたばくん)と想い出の2ショット。
お写真お借りしました。
omoide.jpg
ユウちゃんLOVEのレオン君、完全に組み敷かれています

ユウがお猫入りする先のお兄ちゃんもお姉ちゃんも長毛さん
レオン君で見慣れてて物怖じしなくてすむかしら?? 

そういうことじゃないか

愛すべきキャラクターのユウ、 居候生活ちょっと長くなりすぎました。

でも 新しい家族(ママというのか?)がユウのために
失敗しないように って準備をしてくれていますから、 
みんなに好かれるんだぞ~と 送り出します。

旅立ちまでのカウントダウンが始まりましたが 
年越しと新年を新たなお家で迎えることができるのは幸いです。

むちゃくちゃ食いしんぼ。

どうしてもキッチンのお水が好き。

2号宅の猫序列をちょっとは理解した?かも。

電動おもちゃよりは人間の振るじゃらしが好き。

大声は恐いユウ。

抱っこして爪を切ってもらうのはうっとりのユウ。

シャンプーもへっちゃら。

ティッシュbox遊びの面白さを知ってるユウ。

小さな声でしか鳴かないユウ。

楽しそうに遊ぶから ついついおもちゃが増えるよ。

大らかなユウ。


うちでは 誰も君のことグルーミングしてあげなかった。

してもらえるといいね、新しいお兄ちゃんお姉ちゃんに。



ユウって 名前にはならないはず。
もうユウって呼ばないようにしようって思いながら
なんだか

ユウ ユウ って呼んじゃうなぁ。。

yuxmas.jpg

おすましユウをもう1枚紹介して お休みなさい

今日の ちー

ちーです
おしゃれアイテムをゲットしてちょっとおすましです
DSCN1684.jpg
このカラーは「アニモン基金のありがとうギフト」
小柄なちーに似合いそうなものをと選んでくださったそうです(^-^)

我が家で初めての女の子
今までなぜかでかい様の男の子ばかりでしたのでちーを見たときは不安でした。
小さくて軽くて 静かで はかなげで・・・
 
な~んて思っていたら どうしてどうして(笑)
たくましいです 根性があります順応力もばっちりです。

RSCN1693.jpg
今日の一枚
怒ってるんじゃありません 大あくびのちーです


↓はちょっとしたこと


続きを読む

基金報告4回目 

先週末、ありがとうギフトの一回目の発送を致しました。12月10日までの申し込み分です。
あらかじめメールにてお知らせしておりますが、お申込みメールも迷惑フォルダに迷子になるなどがございまして、相互に未着の可能性もあります。
待てど暮らせど 届かないよ~という方は遠慮なくお知らせくださいませ。

ありがとうギフト、とても喜んで頂いております。
到着のメールを頂いたり、ブログで紹介して下さったり(こそっとみてます)
申し込みがチーム福猫の負担になるのでは?と心配して遠慮されている方もいらっしゃるようなんですが
私どもの机の引き出しに 埋蔵切手がございまして…
ええまぁ、誰でも皆はまった 記念切手収集世代であるわけで
昔の懐かしい切手などでお届けしますので、遠慮は無用でございます
まだの方は こちらを  クリック


アニモン基金へのご協力が、基金そのもののご紹介という形でも広がっています。
それをきっかけに 福島の猫たちがまだまだ厳しい状況におかれているということ、給餌活動なども知りましたというお便りも頂いております。
本当にありがとうございます。

当事者でさえ混乱する(さまざま分からないことも多いので)状況ですから
説明をお読み頂いても正確に把握しきることが大変難しかったろうと思います。
ぜひお知らせしたいのだけど、どう紹介して記事にしていいやら困りましたというお話も頂戴しました。
垂直感染とか水平感染とか聞き慣れない言葉にすり抜け!、ましてキャリアとか発症とか、、、。
現在はまだどの子たちも発症はしてなくて、再検査で陽性と検出された猫さんたちの陰転治療、つまりウィルスを体外に排出させる手助けをスタートしたところです。
(キャリアっ子部屋のもともと隔離された猫さんとは混同されませんようにお願いします)
ちなみにアニモンはもともと陰性(100%ではないですが)で、水平感染してしまいました。
その感染源となった仔猫が水玉ちゃん。潜伏期間のすり抜けで、本来陽性であったものが検査では陰性と出てしまっていたことによる、大変悲しい負の連鎖が起きてしまったわけです。
若猫、免疫力の落ちた老猫、病猫への白血病の感染力は大きいと様々な文献、サイトで解説されていますが、それを思い知るところとなってしまいました。
またFIV猫エイズに関しましても、成猫の陽転(つまり潜伏期間)のケースも調べていくと多々あるようです。これまでは、家族募集にあたって再検査をして来ましたが、保護されて月日が経ち元気にしている猫さんたちも再検査のチャンスを得ることができたことは幸いだと思います。
皆様のおかげでいま最も大切な現状把握をすすめることができています。
私たちチーム福猫が、猫の家族探しを引き続きお手伝いしていくうえでとても重要な事。
心よりお礼申しあげます。

お振込を確認させていただきました方々は下記の通りです。

EOさま 白さま 森様 HMさま 佐さま AYさま 白さま AIさま YSさま 草さま+α YTさま+α 山さま 向さま 橋さま+αα 武さま 12月17日22:00まで



振り込み案内が漢字氏名の場合は、読み方が正確にわかりません。最初の1文字で記載いたしました。カタカナの場合は 名前・姓の順でアルファベット表記とさせていただきました。

チーム福猫がお預かりしている猫、またこちらから検査を要請した移譲猫など東京在住の猫につきましては、チームが責任を持って私どもの費用で検査を行います。

検査1頭に付き 3000円の補助金を振り込みます。実際の検査代は、病院によって金額が異なります。

ちー(千寿)の一週間

ちーを預かって一週間が経ちました。
さてさて 何を書こうかと思ってもなにも特別なことは無く。

当たり前の猫との毎日が当たり前に過ぎていくような感覚で過ごしています。
なんと言っても今月はとうとう師走、預かり5号も引きこもりなりに何かと多忙で、写真でごまかすちーの様子ですが とにかく静かで穏やかで何の問題もないちーです。
四日目12月10日のちー
まだ一日のほとんどを過ごすモフモフベッドでの寝姿に少し余裕が出てきたようで手足が伸び始めました。
DSCN1609.jpg


娘に抱かれたちー、まだ緊張は抜けきれませんが、抱かれてしまえばすぐに喉をならして甘えるちーです。お腹を撫でればすぐに裏返しになります(^-^)
DSCN1615.jpg



六日目12月12日
ケージから出して東の窓におき、日向ぼっこをしました。
DSCN1626.jpg


目の前の車が無ければもう少し色々なものが見えるのだけれど・・・
DSC_2472.jpg


この日 突然ちーのお腹に顔をうずめようとした娘が一回、押入れの隅の隅に入り込んだちーを出そうと薄暗い中で手を出した私が一回 合計二回「にゃにするにょよ~」とシャーされました(笑)

12月13日 一週間目
朝ケージのドアを開けておくと自分から出たり入ったりするようになりました。
夜、人間が寝る時にケージに戻してドアを閉めますが、鳴いて出たがるようなことは無く、夜はケージで過ごすという理解はちゃんとできています。
写真を撮るのが難しいちーちゃん、背中から撮れば黒勝ちなサビちゃんに見えるし窓の手前におけばシルエットだし(これは預かりの腕が無いだけですが 笑)
で、通りすがりの水飲み姿を撮ってみました。
DSC_2505.jpg


左半面はトラありキジあり茶トラあり白も茶もありもちろん黒もあり。
尻尾の先に触ってみるとほんのちょっとだけカギちっぽ(^-^)

ちょっと探検ついでの右半面はキジトラちゃん風の部分が多いのかな。
DSC_2512.jpg


お昼ごはんを食べながらの預かりの視界はこんな風です。
DSCN1633.jpg


テレビでは岩合さんの世界猫歩き、手前はちーの後姿を鏡で見張る ほとんど○トーカーのような(危ない 笑)
家の中に危険は無いし、いたずらなどしないちーなのに何を見張るやら、ただただずっと見ていたい 可愛いちーです。

八日目12月14日
朝からほとんどの時間 ケージから離れています。
まだほんの少しの物音でケージに逃げ込んだりしてはいますが、だいぶ慣れたようで初めて背中を触られた時にビクッとして身体を硬くしていたのが 少しづつ解消されつつあります。
今朝は朝早くに呼んだので早めにケージから出し、二時間ほど布団で一緒に寝ました(^-^)v

今日のちー
DSCN1665.jpg

一月半ばには譲渡会への参加を開始したいと思います。
吸い込まれそうなこのちーの魅力にビビッときたら是非会いに来て下さい。

アニモン基金もまだまだ継続していきます
よろしくお願いいたします。

今日のユウ

DSC_0037.jpg
とうとう 行きましたヨ。。

朝から大忙しで掃除にいそしむ 預かり2号をしり目に 
3Dでリビングを闊歩するユウ いや 滑空にちかいかも

DSC_0031_20131213181656587.jpg
視線の先には ピラピラおもちゃ。

ねえ~ 今日は大事な日ですよ。
落ち着いてくださいなぁ。

DSC_0036.jpg

お見合いと言ったら お見合いですヨ。

本番はまだですが、今日はとりあえず猫被ってくださいよ。

ってことで 猫被ってみたものの・・・

DSC_0039.jpg

ユウがこんなに人間の食べ物に夢中とは知らなんだ…

ママ候補のHさんの にパンチを繰り出し
執拗に羊羹に食指を伸ばし
Hさんとユウの攻防戦に外野は大笑い。

11月4日に譲渡会で抱っこしてもらってから 長い道のりでしたが

12月26日から お試しスタートということになりました。

9キロのお兄ちゃんに負けないように いっぱい食べて大きくなって

その日を迎えようね、ユウ。



アニモン基金から 福猫舎に一回目の送金をしました。追って詳細はご報告致します。

ご寄付のお願い 【アニモン基金】 TOP準固定

【ご支援・ご寄付のお願い】

チーム福猫から アニモンを始めシェルターの猫たちのウィルス再検査費用のご支援をお願い申し上げます。
そしてこの支援が皆様のご理解で長く続けられるようであれば、FeLVの陰転を目指して検査を続ける猫さんへも支援が広げられたらと(夢のようなことも)考えています。
アニモン基金と名付けました。

11月29日付け 「アニモンのこと 今彼は・・・」で書きましたが、アニモンそして預かりをしている私たちにとって本当に言葉にならない出来事でした。
シェルターの猫たちの安心な暮らしと、そこを卒業する猫たちの証明と、また受け入れてくださる新しい家族のために、最低限のウィルス検査ができるようご支援をお願いいたします。

IMG_9181.jpg
記号10100 番号10145561

検査1回当たり3000円の補助=1口3000円としてご寄付をお願いしたいと思います。
シェルターの全頭再検査を希望しています。
ただし アニモンはじめ再検査が1度では済まない猫さんもいますので、優先順位をつけて検査をしてもらうように致します。
金額には拘っていないのですが、 分かりやすく 

1口寄付したら 私が1ニャンの検査を引き受けた

と実感していただけるのではないかと思ってのことです。
3000円でなくて、もちろん1000円でも嬉しいです。

現実的には アニモン・ユウの東京での再検査は2匹分で12,350円掛かっています。ユウはもう一度の検査が待っています。
福島価格として 3000円の補助金額を算出しました。


そしてどうぞ、このアニモン基金を広くお知らせ頂き、なるべく大勢の方からご支援を賜れるようご協力をお願いできたらと思います。
検査・・・先延ばしに出来ません。

また目標額もあえて設定してません。
なぜなら、再検査(収容猫数は100頭を超えています)の終了=ゴールではないからです。

新たに保護され 命が救われた子たちにも2回検査のチャンスが欲しいのです。
もちろん再検査ですべてが解決するわけではありませんが、運命が違ってくる子もきっといると思います。


白血病、そして猫エイズですが、キャリアの状態と発症では雲泥の差があります。
またこれらでは感染力も威力も大きく異なりますので、何もかもまとめて表現することはできませんが、
即、命に関わるわけではなく、キャリアの状態のまま天寿を全うできる猫さんもたくさんいます。
単に 恐い病気という畏怖を持つのではなくて、正しく理解すること、そして検査が必須であること、猫の健康に責任を持つ飼育者たらんことがとても大切なことと思っています。
(少しだけ下記追記以降をお読み下さったら幸いです)

続きを読む

基金報告 3回目

アニモンの可愛い元気そうな写真が 福猫舎のブログにアップされていて
animon.jpg
写真はお借りしました。

胸がギュッとなるものの 和んでいる預かりです。
陰転治療も そして再検査プロジェクトも進んでいます。
ff.jpg
気が遠くなるようなキットの数々。先生お二人スタンバイだったそうです。

まるこシェルターの中の、アニモンと同部屋だった猫さんたちの検査日の様子。

我が家の1にゃんをキャリーに入れるだけでも大変なのに想像を絶します。

悲しいことにミトちゃんと言う子に陽転、つまり感染が認められました。
陰転治療へと、あぶくまシェルターに移動となりました。
元気いっぱいの若猫たち、本当は一緒に遊べた方が免疫力だってあがるだろうに、、、そういうわけにはいかず・涙

基金に支援を寄せて頂いているおかげで、ミトちゃんの変化も早期に発見できました。
同部屋だった猫さんたちは、隔離期間を経た2カ月後に再検査となります。

アニモンを福島へ帰す もしくは手元に置いて私たちが好きなように存分に陰転治療をする・・・
選んだのは帰すことでした。
基金を立ち上げ、アニモン基金と名付けたのも、再検査や治療が必要なのはアニモンだけではないからこそ。
たくさんの方が基金に賛同してくださっているのと同様、チーム福猫もどの子にも道が開けるようにといつも願ってやみません。
それでもやはり水平感染であるアニモンが陰転して、希望の星となりますように、と東京の地から強く祈っています。
こちらには、数件の陰転例をお知らせ頂いていてきっとアニモンもミトちゃんもと信じています。

引き続きご支援の報告です

小さま 松さま 子さま 理さま 真さま ECさま KIさま OSさま 安さま 川さま 田さま 井さま MFさま MNさま TSさま+α 夏さま MHさま 松さま MIさま 永さま 久さま 加さま 津さま MFさま 木さま 早さま 塚さま YWさま MOさま SKさま 尾さま 山さま+α 桑さま 栗さま TTさま RKさま YOさま+α CKさま+α JYさま+α NCさま 12日午後2時まで 


FF再検査プロジェクトについては、福猫舎のブログに順次報告されています。
恐れていた結果ではありますが、それが判明できたのもひとえに基金にご協力頂いている皆様のおかげです。
これ以上感染が広がらないように食い止めることができます。
また、保護に関わるものにとって今回の大規模再検査は(このようなことは大変珍しい、これまで見聞きしたことがありませんから)学術的にも意味のあることではないかと思っています。



振り込み案内が漢字氏名の場合は、読み方が正確にわかりません。最初の1文字で記載いたしました。カタカナの場合は 名前・姓の順でアルファベット表記とさせていただきました。

チーム福猫がお預かりしている猫、またこちらから検査を要請した移譲猫など東京在住の猫につきましては、チームが責任を持って私どもの費用で検査を行います。

検査1頭に付き 3000円の補助金を振り込みます。実際の検査代は、病院によって金額が異なります。

本日の1枚 12.11

3.11から ××か月  って そんな文字を見ることもすっかり減りました。

そんななか人知れず(報道もないし)警察の方々は、今もまだ不明の方々を捜索しています。
今日も千寿の故郷 浪江町でも寒風の中海岸線の捜索活動がありました。
家族が分からない、、、とても想像を絶していて言葉がありません。
これまで浪江町で保護され、あきらかに家猫だったと思われる「モコ」も「千寿」も飼い主は不明のまま。
どこかで元気でいてくれますように。モコも千寿もぬくぬくしてます。

DSC_0013_20131212091759254.jpg

DSC_0019.jpg

これはおいらのものだ~~

アニモン基金 ありがとうギフトに ネコダラケテンチャリティーで大好評だった
SABIKAPPAさん作の フェルトの猫おもちゃ追加となりました。

これ、猫さんの評判が良すぎるので 先にご希望頂いた方々にもご希望のお品と一緒に同封致します。

お楽しみに! これから ご応募の方にもございます。

DSC_0018_201312120926585d9.jpg

渡さんぞ~~~

一針一針 手作り。 猫夢中。



支援に支えられての アニモン基金です。

雄大のFF検査結果

午後一番の診療で前回と同じS動物病院へ ユウを連れて検査へ。
明日は雨だというので 今日にしました。

FIV FeLV ともに 陰性でした。 安堵しました。

ご心配頂いていた皆さん ありがとうございます。
これでユウの里親募集が再開できます。
感染の可能性は確率は極めて低いとは言われてましたが、それでもゼロではない。
3度目の検査は必須でした。

2013-12-09 16_14_41-1

コンジュゲート液と全血を混合させるスタートからその手順を丁寧に説明して頂きました。
患者さんがいなかったこともあって、いろいろお話し出来て、やっぱり猫も人間も免疫力が重要…というところに行き着き、それはそれで複雑な想いでもありました。
なにしろ預かり2号の現長女猫は自身を攻撃する免疫力が強すぎる、という自己免疫疾患持ちなもので。

さて ユウですが、悪魔君復活です

でも一ヶ月ケージ暮らしを(フリータイムはありましたよ)頑張ったユウですから、ちょっとは大目にみてあげないとね。

お姉ちゃん猫を追いまわし悲鳴をあげさせ(ケージに逃げ込んでます) 台所を荒らし

待てども待てども スイッチが切れません(笑)

満を持して秘密兵器登場!!!

2013-12-09 19_55_02

もう 夢中です。1時間でも飽かず遊んでいます。
これでくたくたにしてから~  という思惑。 



下手くそな遊び方から、だんだん技を覚えて、ちょっとは進歩?

2013-12-09 19_55_34

「そんな機械もんに遊ばれて、何が面白いのよ」 と冷ややかな預かり宅の猫の視線もなんのその。
ユウの アイ キャン キャッチ ユーはまだまだ続くのでした 


福猫舎での再検査は急ピッチで進んでいます。
それも皆様のおかげです。
ただ、私どもが予想していたよりも のべ検査検査回数は多くなりそうです。
引き続き

アニモン基金をよろしくお願いします。

ちー(千寿)です

昨日の幸せにゃんこ譲渡会in銀座に参加した後、預かり4号から預かり5号にバトンタッチとなった「ちー」です。
DSC_2441.jpg


帰りの電車で心配しながら(本当に心配しました。土曜日の五時過ぎに銀座からの帰りですから 笑)の移動もなんのその にゃあとも鳴かず 帰り着いてすぐにご飯を食べ 水を飲み、シッコをして就寝(^-^)

小柄で毛皮のドレスがが黒っぽいちーですので、夜中の安全の為に夜はケージに慣れてもらおうと一階にトイレ・ベッド・水・ご飯と並べ 二階には箱入り亀ベッドを置き そして三階にはモフモフベッドを。

一晩や二晩は鳴くかもしれないと覚悟を決めてケージの戸を全部閉め、懐中電灯を手元において電気を消しました。

が・・・

朝5時頃に呼ばれた気がして見に行ったら三階のモフモフに埋もれて窓から外を見ていました。

9時過ぎからは探検開始です、ケージの戸を全部開放してあるのになぜか出るのは三階から(笑)
手抜きの記事で申し訳ないなぁ~と思いながら 写真のみ~(笑)

DSCN1547.jpg

DSCN1563.jpg

DSC_2417.jpg


初めてでもシャーもフーもパンチもありません。
泣き声は細く可愛いです。
不思議な毛色と宇宙の目の色を持った小柄な女の子。
適応力は抜群のちーです!


アニモン基金もよろしくお願いします。

基金報告2回目

ご協力に感謝致します。

皆様のご支援が迅速であることをシェルターのお二人に伝えて、検査を進めるようにお伝えしております。

ありがとうギフトへもご登録くださいませ。
ギフトはこのあとも追加の予定がございますので、どうぞご遠慮なく。
応援メッセージの蘭がございますので、一言でも

鈴さま MMさま YBさま+α NKさま 清さま+α 中さま 伏さま 花さま+α 原さま 中さま 寺さま KFさま 新さま 赤さま ハ様 日さま+α 寺さま 田さま 四さま

12月8日までに確認致しました分です。
振込の確認ということでご本人様が分かるように記載しています。
漢字氏名が分かる場合は最初の1文字、カタカナ表記の場合はお名前、姓の順でアルファベットで表示しました。

現在の保護頭数108、陽転してしまった子猫の複数回検査と、同室だったフリーの成猫たちの再検査などを考えると、検査の延べ回数は150回を超えるかと思われます。
福猫舎の全頭検査が終了するまでは、基金に寄せて頂いた全額を福猫舎の猫たちのための検査費用と致します。
会計報告については、きちんと致します。

チーム福猫がお預かりしている猫、またこちらから検査を要請した移譲猫など東京在住の猫につきましては、チームが責任を持って私どもの費用で検査を行います。

検査1頭に付き 3000円の補助金を振り込みます。実際の検査代は、病院によって金額が異なります。

ありがとう&ご支援よろしくお願いします

明日は 千寿ちゃんが譲渡会に参加します。
銀座で行われている幸せにゃんこの譲渡会です。

オトナのミケ猫、 一見の価値あり、魅力的な猫さんです。

おこちゃま猫がご希望の方には向きません!違いが分かる猫!です。

東京都中央区銀座7-10-5
ランディック第3銀座ビル3階
13時 ~ 17時
ご来場お待ちしております。

アニモン基金へのご支援ありがとうございます。
週末は時間が取れなくて 週明けにはまた基金残高のご報告をさせていただきます。

そして ご支援頂いた方へ
ありがとうギフトですが、現在ご紹介しているものの他にも今後ギフトの追加も予定しております。
なので遠慮なくお申込み頂けたらと思います。もちろん次なるお楽しみをお待ち頂いても…


最後に・・・ 

RAINBOW PROJECTにおいても 福猫舎の白血病陽転猫さんのためのケア支援が始まっています。
RAINBOW PROJECT ネットショップ
こちらは素敵な品々を購入することで 支援になります。
RAINBOW PROJECTは震災後からずっと 被災地(福島だけではありません)の支援を続けておられます。

細かい経緯については 代表のマメKさんのブログに。

アニモン基金を立ち上げるにあたり、葛藤も実はありました。
当事者である私たちの選択肢は複数あって、どんなスタンスを取るべきか・・・
これについてはまた機会がありましたら皆さんに読んで頂きたいと思うのですが

今は アニモンはじめ陽転した猫さん どの子へも治療のチャンスが生まれ
実際にスタートしようとしていることに安堵しています。
どうぞ そちらにもご協力頂けたらと思います。
いえ あちらにもこちらにもということではなくて 琴線に触れたところへと、そういうことです。 

ありがとうギフトへの連絡先&寄付報告

アニモン基金の記事をアップすると同時に皆様からお振込頂き、ちょっと胸がいっぱいです。
お名前には預かり2号が10年ほど前から活動しておりました、
老猫の介護をテーマにして活動していた時代の猫友さんの名前もたくさん。
「忘れてないよ、見守ってるよ」って言ってくださっているようで、
その嬉しさをいち早くシェルターに伝えて、安心して再検査を進めてくれうように、ご報告をしてまいります。

お振込頂きました皆さま 
フォームからぜひありがとうギフトの受け取りの申請をして頂けたら幸いです。


ギフトA セーラーカラー(6名様分)
申し込みフォームはこちら
ご提供頂いたのは チィぽっぽさん チィぽっぽ★の日記
チィちゃんは脳脊髄炎からの癲癇と闘っています。

ニャンカラーx
ニャンカラー猫
首回り24センチぐらいまで。不思議とどの子も嫌がらずにつけてくれます。

ニャンカラー
お色は選べません、申し訳ありません。リバーシブルです。

ギフトB スマホストラップ 羊毛フェルト(16名様分)
お申込みフォームはこちら
ご提供いただいたのは 柚子さん ゆずと日がな一日
虹の橋にいるゆずちゃんは母子感染の白血病キャリアで癲癇発作と闘っていました。
強い想いでアニモンを応援してくれています。

DSC_0030.jpg

DSC_0023.jpg
猫の色柄は申し訳ありませんが選べません。数種類ありますので、届いてのお楽しみということで。
スマホのアンテナに差し込む形となっています。サイズは約9センチです。

ギフトC 猫マグネット 羊毛猫 (23名様分)
お申し込むフォームはこちら
こちらをご提供いただいたのも柚子さんです。

DSC_0018.jpg

DSC_0013.jpg
猫の種類はいくつかあります。お送りするのは1個です。大きさは2~3センチです。
羊毛の好きな猫さんにはご注意。冷蔵庫のお供に。

ギフトD オリジナル制作猫切手 (3名様分)
お申込みフォームはこちら
イラストレーターのみかんさんのご提供です。 50円切手が10枚となります。
日本郵便発行ですので、使えます!

kitte.jpg

ご応募お待ちしております。

以下 4日までにちょうだいした寄付のご報告です。

神さま 夏さま 武さま 野さま 松さま 矢さま HSさま ASさま ESさま ASさま 葛さま 長さま+α 熊さま KOさま SOさま HOさま KNさま 長さま 山さま 中さま

検査報告があり次第、猫さんの消し込みマッチングをしてまいります。
これで既に再検査をしている子たちと、アニモンと同室だったフリーの成猫さんたちの検査代になります。
まだまだ引き続きよろしくお願いいたします。
余裕ができれば、お預かりの猫さんたちにも検査ができます。

ゆうちょ銀行からお振込頂いた方は漢字氏名のため、読み方が正確にわかりません。最初の1文字で記載いたしました。他銀行からの場合、カタカナ氏名のため 名前・姓の順でアルファベット表記とさせていただきました。

アニモン基金 ありがとうギフトのお知らせ

【アニモン基金 ありがとうギフトのご案内です】

今回 アニモンと白血病という事柄があって あちらこちらから 出来ることはない? というお声掛けを頂戴しました。
有り難く甘えて応援してもらうことに!

チーム福猫の預かり&応援団には 震災後手作り作品をチャリティーとしてお金にかえ愛護団体、福島の施設、自治体の保健所等へ支援をしてきた仲間が多数います。

そして次の機会もぜひ、とコツコツ用意してて下さったという作品や、
昨年来次に使ってと預かったままのものなども手元にあります。

ニャンカラー
kitte.jpg


「これをチャリティーに」 「これをアニモンのために役立てられないだろうか」 と。

残念ながら いまとても余裕がなくて チャリティー作品展を開催することは容易でなく

かとってい きちんとした販売という態勢を整えてのシステム作り(ネットshopとか、発送とか、在庫管理とか)をしている時間的猶予もありません。

オリジナルの支援グッズを製作する時間もありません。

けんけんがくがく 頭をひねりながら 出来ることから始めよう


アニモン基金にご寄付をお寄せ下さった方へ

お名前、住所(個人情報)をお知らせ頂けたら ご支援に感謝して 
ありがとうギフトをお送りしたいと思います。


発送に関わる費用は チーム福猫が負担して基金とは別です。

1点1点に値付けをして 支援品を買って頂くというのとはいまは異なります。

作品展で販売した時のお値段との整合性などが無いということも、悩みの種でした。
なにしろ 1口3000円としましたので。

でもプチギフト目当てでご支援頂くというのも楽しいと思ってくださる方もおられるかもしれない、、、

どれとも選べないのに? と またしてもあれこれ あーでもない こーでもないと。

色や形は選べないけれど、ある程度 これ! というものは数量限定で選んで頂けるようにしようと思います。

余裕ができたら 大きな作品は別な値付けをして販売ということになるかもしれません。

数も足りないかもしれない、いえ足りないぐらいなら嬉しい悲鳴なのですが。

ともかく 出来ることから です。

順次 作品はご紹介して お申し込みフォームもお知らせします。

まずは <(_ _)> アニモン基金へのご協力をお願いします。

IMG_9181.jpg

福島のこと 忘れてないもん って。

そう言って 遠くからすぐに送ってくださったり持参してくださったり 絆は紡がれて繋がっていて。

こんな形で アニモン基金の成功に力を貸して頂くことにしました。

現状は先着順になってしまうのでどうぞご了承ください。


今はメール便でお送り出来るものを中心のギフト構成ですが、
でも とっても可愛いので 楽しみにしていてください。


nyan.jpg

実物の方がずっと可愛いんです。断言します!!!

ちーちゃん、たくましい!

ちとせ・・・譲渡会デビュー。

大人の猫
知らない場所知らない人 知らない世界へ
理由も分からず連れていかれるストレスは大きくて、、、
さて今日のちーちゃんはどうかなと思っていたら

すごい! 新たな千寿の一面が!

ここどこよ、イヤイヤってそぶりはもちろんあるものの・・・

柔軟性バツグン

2013-12-01 12_27_36
鼻ちゅー 

お隣のケージの モクちゃんです。
目の見えない若きおんにゃのこ。山梨からの参加です。
カシミアタッチの毛並みはオソロです。
頑張んなさいよ と言ってたとか言わなかったとか(*^_^*)

2013-12-01 15_05_28

あれ~ どの子も赤ちゃん抱っこですねえ。
左から 6.6キロ ?キロ 3.5キロ  ず~~~っと抱っこされててケージに戻って来ない(笑)
あんず君とちーちゃんでした。抱いててくれてるのはボラさん
どちらもボラさんに大人気  まずいんです、それって(笑) 

あんず君も山梨からの参加です。 付き添いは動物病院の看護師さん。
もう1年近く病院で暮らしているそうで、、、 このたび 譲渡へと家族探し。
一人暮らしの飼い主さんが不治の病のため、新しい家族を求めているのだそうです。

この3にゃんが今日の並びのお仲間で、それぞれふか~い事情があって、、、。

決まらなかったものの、保護主同士は交流を深めて初冬の小春日和を猫談義で過ごしました。

でもね、内緒ですけどね、 この場所 一等地で決定率高いんだそうで、、、 えへへ、まずいにゃぁ。

ちーちゃんは 差し出された好物のちゅ~るも2本完食

にゃ~とも鳴かず ブルブルすることもなく ちょっと肉球に汗はかいてたけれど、、、

譲渡会オッケ!!


ゆっくりじっくり 出会いを探して行きたいと思います。

ちーも モクちゃんも あんず君も ハンデキャップがあろうとも 猫神様は平等に

出会いをもたらしてくれるはずだから。

ちーちゃんの その人 に出会うまで 

チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。