スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3兄弟 はく・いそべ・ひめの成長

もうずいぶん日が経ってしまったのですが 蕾ベビーずに会って来ました。

頂いた写真とその時の写真で3兄弟妹をご紹介。
彼らは今ごろもっともっと大きくなっていることでしょう。

1_20130730120957f0a.jpg
先住猫のお姉ちゃんと一緒に こうしてミルクが飲めるようになりました。
はくとひめ、頭の墨の濃さがずいぶん違って来てますね。
やんちゃ坊主たちは冷蔵庫を開けると このミルク欲しさに冷蔵庫の中へダイブするそうです
返品されなくていがった。。

5_20130730121004271.jpg
この大きい子がはなちゃん。イソベ君とそっくりの模様。お顔が日本猫なのも一緒
はなちゃんはすぐに慣れて、ちびっこギャングを受け入れてくれたそうです。

6.jpg
一方 なかなか馴染めなかった美人猫すみ姉さんもこのぐらいの距離はOKだったらしく
夜もママのベッドで5にゃん一緒(お疲れ様です)。
でもねすみ姉さんの大好きな場所を占領するのはやめっぺ。ちっとは遠慮しねど。。

2_20130730120959fc9.jpg
はく兄ちゃん 骨格に栄養取られてひょろっとしてました。
おでこの毛が黄色く汚れてますが どうしました?
お弁当の卵焼きを溶いたボウルに頭を突っ込んで・・・  舐めてたそうです。
返品されなくていがった。

4_20130730121002a38.jpg
うとうと気持ちよさそうですが、人間のお兄ちゃんが帰宅すると2時間ぐらいは抱っこ寝ですって。
いそべは迷惑と笑ってましたが、ほんとに好きなんですね。
いそべ兄ちゃん なんだかお髭が変ですが どうしました?
まったく恐いもの無しの兄弟たち・・・ ガス台にも平気でのぼってしまい とうとう
水も平気どころか 遊んでしまうので 水スプレーも効果無し。
まだまだ返品の危機は去らずか^^

IMG_0778.jpg
紅一点、マイペースのひめちゃんは人にも猫にも上手に甘えんぼ。
それにしても離乳の時には、君らがこんなに雑食だったなんて…思いもよらず。

鍋釜にあるものはもちろん
野菜好きなんだそうで 調理中は刻んだら隠す 刻んだら隠す

特に目が無いのが キュウリなんだそうで 丸ごとをボリボリ齧る猫って…
いくら預かり2号の故郷が 露地きゅうり生産日本一とはいえ・・・ 
いやはや3兄弟の武勇伝はとどまるところを知らず… でもママは自慢げだったから いっか(笑)

朝晩の食事は5にゃん一緒だそうで、お皿を並べ終わるまでの壮絶さを想像すると
笑うっきゃない

危険回避にそうとう注意を注いでくださっているようで・・・乙!
ああ、ほんに可愛い小悪魔ちゃん達です。


P1030510.jpg
お庭のビニールプールで遊ぶ 人間のお兄ちゃんたちをこうして見ながら
一段と成長していることでしょう。
ひめちゃんは一足先の9月に避妊の予約もされているとか。
3月生まれなのに、あっという間です。
大人への階段はゆっくりゆっくりでいいんだよ。
2013年の夏 子供たちのそばには仔猫。 素敵な想い出となりますように。

スポンサーサイト

マイクロチップの話 再び

2013-07-22 10_36_46


預かり2号筆 以前の記事の第二弾 実録編です。

うち猫の若い方のワクチン時期がやって来ました。
今年こそはと思っていた… マイクロチップ(個体識別装置)を挿入というのか装填というのか…
環境省の詳しい説明では「埋め込み」と説明しています
頑張りました 保母猫ももちゃん。

インジェクター(チップ注入器)
2013-07-22 11_00_48
お父ちゃん連れていかんで良かったw 確かに一瞬たじろぐ太さではあります。
これはチップを押し出したあと 

針先にある白い部分が押されて来て そこにあったはずのチップは

続きを読む

誉ベビーず お届けしました

IMG_0001_20130718233045.jpg

昨日キジくんとミケちゃんをお届けしてきました
今回はちょっと遠方で 電車に揺られておよそ1時間半余り
キジくんミケちゃんにとっては最後の大移動になると思います
キャリーケースの中から時々漏れてくるかわいい声も聞き納め
お届けは巣立ちを見届けられる安堵感と嬉しさと
あの忙しさと賑やかさが去って行ってしまう物淋しさとで
いつもながらどんな表情をしていいのやらわからなくなります

お迎えくださる里親さんご家族はご夫婦と娘さんと息子さん
2階の娘さんのお部屋にキジくんミケちゃんのためのケージが用意されていました
同居の他の猫さんたちに徐々に慣れてもらうために
しばらくはこのお部屋とケージで過ごすことになりますが
早くもドアの向こうには新しい家族の到着に気づいた猫さんがいたようです

IMG_0049.jpg

キジくんとミケちゃんはキャリーケースから出てケージの中を確かめると
ご用意してくださったおもちゃに夢中になって
かわいいタワーを見つけるとすぐに飛び乗って ベッドの下にもぐって行ったと思ったら
今度はカーテンによじ登ろうとするしで
兄弟一緒のせいか全く警戒することもなく たちまち部屋中を遊び場にしてしまいました

IMG_0020_20130718232448.jpg


IMG_0058_20130718234411.jpg


新しい名前は ココとナッツ
兄妹なので繋がりのある名前をとお考えくださったそうです
元気よすぎて先住猫さんたちのご迷惑になりません様に
御先輩方 どうぞよろしくお願いします

里親さんは以前から被災した福島の動物たちに心を寄せておられて
わざわざ遠方からキジくんミケちゃんのお見合いに足を運んでくださいました

続きを読む

ココ・ナッツ お届け完了

誉ベビーずの キジ君 ミケちゃんを17日に里親さんのもとへお届けしました。

預かり2号 間違いです 預かり3号 ちょっと忙しくてご報告が遅れておりまして

今しばらくお待ちくださいませ。 

ただ・・・ 本日 獣医さんへ行って頂いて

はい しっかり 回虫さんがおりまして想定内ではございますがクラクラ  

ああ、明日の あしたの アシタノ~~  ごめんなさい

先住のお兄ちゃんお姉ちゃんとの合流はちょっと先になりそうです。

誉ベビーず キジ白くんのうれしいお知らせ

キジ白くんの名前が決まりましたとのお知らせがありました
命名 ルイくん
先住猫さんのチャオちゃんと同じく イタリア語でよく使われる言葉で
音の響きや仲良くなってほしいとの願いが込められた命名だそうです
将来イケメンになりそうだと すでにルイ王子様にメロメロのご様子
もちろんそのお見立てには預かり3号も納得
優しい表情 引き込まれるような鈍色の瞳 可愛くて放っておけない素敵なプリンスです

image(1).jpeg

そんな命名のお知らせの次にいただいたのが なんと回虫お出ましのご報告でした
ルイくん(キジ白くん)のお届けまでには 少々ございまして・・・

コクシジウム駆虫後 お腹の調子が安定してきたと思ったら
再びゆるくなったり回復したりと ルイくんのお腹には波がありました
元気で食欲を見せてもちょぼちょぼ食いで 食餌量も体重も他の兄弟より少なめで
なんとか栄養を採ってもらいたいと 回数を増やしたりご飯の種類や形状を変えてみたりと
ルイくん特別コースに専従するあまりブログ更新も停滞・・・
ウンチに一喜一憂のおろおろな預かり3号でした

2度の検査で回虫はいないと確認され 他の兄弟は快便続きでしたので
離乳期にありがちのお腹が不安定な状況にあるとして薬で対応していました
その旨を承知いただいたうえでのお届けでしたが
ダメ押しでと お届け前に三度めの検査をしたところまたも回虫自体は確認されず
腸内細菌の状態がよくないとのことでしたが
先生、思うところあったのか 念のためにと駆虫薬を投与されました
そして里親さん宅で回虫排出
回虫のしぶとさと侮れなさを聞き知ってはいましたけれど
寄生虫の成長のサイクルの狭間にすっぽり入ってしまって…
まだルイくんがケージ待機中に判明して幸運でした

さて ルイくんの体調案件の要因のひとつはクリアできて
先住チャオちゃんとの折り合いの方が気になっていたら 間を置かずに続報が届きました
3日目にルイくんをケージから出してチャオちゃんと会わせてみたら
あっけないくらいにすぐに意気投合して追いかけっこ開始
若いふたりの順応性は思った以上でした
お姉さんができて いっぱい遊んでもらえて
タワーも新調してもらって ルイくんよかったね~
既に里親さんは姉弟の仲良しぶりにたっぷり癒されているご様子です
運動量が増えたおかげでルイくんの食欲は激増したそうで
おろおろ預かりはやっとほっとできました
直に体重も体力もキジくんミケちゃんに追いつくでしょう
ルイくん 正式譲渡となりました
ルイくん おめでとう!

巣立ちを控えたキジくんとミケちゃん
今は兄弟欠員分までパワーアップして駆けずっています
この子たちにも回虫の心配はありますが とりあえず自由時間はそのまま続行
回虫については里親さんにご承知いただいき 明日お届けになりました

IMG_7875.jpg


IMG_7918.jpg


IMG_7912.jpg

ちぃ 被災猫卒業♪

まるこシェルターからお預かりした「ちぃ」ちゃんは「マノン」ちゃんとして
新たな猫生を東京ですごすことが正式に決まりましたので ご報告致します。

ti-murakami.jpg


猫の譲渡、特に成猫さんで行く先にも猫さんがいる場合は、
オファーからお見合い・決定までが長いので、どうなっているのかな?とご心配の向きも多かろうと思います。
なかなか途中経過も書きにくく、決まったころには間抜けな感じもあったり^^


葛尾村で生まれ育った自然児ちぃちゃんの生涯を人間に置き換えたら
それはそれは素敵な物語、ドラマが出来上がりそうです。
震災が無かったら いま彼女が東京にいることはなかったろうに
この子はたくさんの方に守られて今があります。不思議な運命です。

愛くるしいくせにふてぶてしくもあり 猫らしい猫で 足は短すぎますが(笑)

預かりたちは マノンちゃんの譲渡にあたって 
猫型したハートが胸の中にまたひとつ埋め込まれました。
うまく言葉にできないから そんな表現で分かっていただけたらいいな~
仔猫の譲渡とは違った 幸福感につつまれています。



振り返れば 長い道のりでしたけど みんなを幸せにするための遠回り

続きを読む

誉ベビーず キジ白くんお届け

IMG_7540.jpg

昨日7月13日 キジ白くんを新しいご家族のところへお届けしました
電車に乗ること45分
猛暑の中の移動に少々心配はありましたが
最寄り駅でお迎えくださり 徒歩の移動はほぼないに等しい移動でしたので
キジ白くんに負担をかけずに済みました

キジ白くんをお迎えくださるご家族は ママさんとパパさん
そして先住のきれいな三毛柄の姉猫さん
ご対面の前に まずはキジ白くんにご用意くださったケージに落ち着いてもらいました

2013-07-13 (2)

すると早速迷うことなくぬいぐるみにモミモミ開始
預かり宅のクッションの上に乗ってもしたことはなくてびっくり!
ぬいぐるみは最高にふわふわの軟らかさで 思わずモミモミさせてしまうような感触
先住猫さんのお下がりだそうです
兄弟と離してしまったキジ白くんの慰めにと
そして先住猫さんを無理なく受け入れられるようにとの細やかなご配慮が感じられました
よかったね キジ白くん

お話の最中 物陰からこちらをずっと伺っていた先住猫さんは
しばらくすると そろりそろりと近くまでごあいさつに来てくれました

2013-07-13.jpg

ドアの向こうにキジ白くんの気配を感じながらも そこそこの余裕はある様子の先住猫さん
お聞きしていたのとは違ってそんなにシャイではなさそうで 
キジ白くんとご対面拒否はないかと思われました


お知らせくださったその後の様子は

image.jpeg

キジ白くん まずはケージ越しにお姉さんからお定まりのウェルカムシャーッ!
先住の威厳 最初が肝心ですものね
シャーはあっても 先住さんにとってこの近距離での遭遇はOKなわけで
キジ白くんの方は大らかさと柔軟性の備えは十分 
同居開始はまずまず順調な滑り出しかと思われます


キジ白くんのお届けで留守をしている間
キジくんとミケちゃんはケージの中で騒ぐこともなくひたすら寝て
ずっと大人しく過ごしていたと家人から報告
いつもならケージから出たい出たい~! ごはんごはん~!と賑やかな子たちなのに・・・
兄弟がひとりいなくなった不安がそうさせたのだと思ってしまう預かり3号です
この子たちも3日後にはここを巣立ちます

IMG_7646.jpg


モコ 夏仕様二歩目

じわりじわりと夏仕様に近づくモコのサマーカットですが、背中から脇に下がった途端 毛の柔らかさにバリカンがかけられず・・・(もっと短く刈り込むなら大丈夫そうなのですが)

バリカン刈り込むのはこの辺までかと 鋏を持ち出してカットしたら う~ん 段々になって・・・

で 今はその段々を解消しようと、すきバサミを持ってモコの後をついて回る預かり5号です。


今年4月に預かった頃のモコ
DSC_1807.jpg

そして サマーカット道半ばの現在のモコ
DSCN1262.jpg

暑くてゴロゴロしているモコ
DSCN1264.jpg

真上から見ると 思いのほかスリムなモコ
DSC_2044.jpg

毛刈りの動画を撮ってみました。
片手にバリカン・片手にコンデジ、バリカンの櫛の間から毛が逃げますが、これは片手だからです。
両手が使えればモコにバリカンは難しくありません。
ごらんの通り、掛けられながらも手を舐めているモコです。



この背中の手触り、なんと表現したらいいものか 柔らかいなんて薄っぺらな言葉ではとても表せなくて。
アンダーコートそのままの感触、実際に触ってみて感じていただきたいと思います。

モコの感触体験にどうぞおいでくださいませ~

預かった頃からはほんの少しだけ体重が減った(と 思う)分が見た目の変化なのか、それとも見た目の太さはほとんどが毛皮だったのか・・・謎(笑)

ともあれ、元気な毎日です。

コハル 預かり4号宅へ移動

コハル の いろいろ分析中です。

福島からやってくる猫さんたち 当然ながらその生い立ちは不明。
そして シェルター暮らしの様子は申し送りを受けていますが

日々 刻々と変化して新たな発見の連続で 「あにゃたはどんな子?」と

預かりたちは想像妄想をごちゃまぜにして 持論を展開しつつ楽しんでいるのです。

預かりってなんて楽しんでしょう まぁ真菌なんて騒動もありますがね。
が、自分たちだけ楽しんでちゃぁいけません。

コハたん(いろんな呼び方があります)の未来の家族に向けて発信



今日はこんなお手入れを。
10日近いケージ暮らしで 思い切り食べました! できました!
「あごにきび」
2013-07-09 12_35_58

白い子なので 目立ちます。ごめんよ、もっと食事に気を使ってあげたら良かったね。
カロリーや脂肪分の高いフードとはバイバイします。

大丈夫だよ~ おばたんとっても上手だからね、あっというまにきれいにしてもらえるからね。

・・・・・・・・・・・・・以下は2号宅にて↓・・・・・・・・・・・・・

2013-06-24 10_29_17

コハたんは どんな相手にもけして(多分、ほとんど 笑 )シャーフー言いません。
すーっと引いて遠慮します。

預かり宅の猫からも手厳しい洗礼がありましたが… 動じず  え? にぶい?ってか 
いえいえ 脅えもしないけど じっと目をみて 応戦せず。
ポイントその1  先住猫さん OKと思われます。

ひと月近くいる間に シャーも言い飽きてしまった・・・ 先住猫でした。
真菌のため、隔離生活で一緒にしてあげることはできませんでしたけどね。


2013-07-09 09_04_3210290649_1957146802_209large_20130711102650.jpg
使用前 使用後  ではありません
クリックで大きくなります。

左は コハル 右は特別出演の同じ白猫のつんた(本名蕾ちゃん あの母さんは今こんなです) 
ちょっとぼさぼさのコハル 若いなぁ~という毛並みのつんちゃん。

大丈夫、もっとふっさふさの奇麗なコハルになりますからねえ。
真菌治療で分かったこと

ポイントその2 シャンプーOK ブラッシングも大好きです。

一度も爪も立てず 噛みもせず 鳴き声もあげず・・・ ただ逃れようとはするけれど
本当に本当に我慢(だって何されてるか恐怖ですからね)できるコハルです。

白猫さんを奇麗に維持するのはなかなか大変です。スタッドテイルの子も多いですし。
生涯初めてのシャンプーだったろうに。ドライヤーは苦手です。タオルドライ!
頑張ったコハルへのご褒美は 赤い糸探し。


秋まで譲渡会には出られないコハルの様子 綴っていきます。
近日 いつ里デビュー予定。
コハルに手をあげるなら 今!でしょ 

福猫たち

いま チーム福猫でお預かり中のにゃんこさんたちは

茶白長毛のモコちゃん お試し中のちぃーちゃん 治療中のコハルちゃん 

お家が決まってお試しにはいる 誉ベビーずキジくんキジ白くんミケちゃんです。

七夕の日の譲渡会、月島会場はなんと80にゃんが参加する大規模なものだったそうな。
たくさんの仔猫たちがお家を探していて、、、 せっかく会いに来てくれても 圧倒されすぎて
なんだかよく分からなくなってしまって、そのまま帰ってしまったと いうような方もおられるそうで
切ないですね。
こんなにもお家を探している猫さん達が多い中、
ご縁が結べそうなこと(正式譲渡までまだステップは残ります) 感謝感激です。


2013-07-09 11_41_41

コハルちゃんも秋までは待機組となりますが、ボチボチご紹介をして行きましょう。
募集期間が長くなりそうだから・・・ コハルカテゴリーも新設かな

コハルちゃんが がん見しているのは プリンター。
初めて見たんだね、きっと。
もう目が点になってて か~わいい~~ 

誉ベビーずのお届け日が決まって、たまには早めに用意しようと譲渡誓約書を印刷。。
うちの子は面白がって悪戯しますが コハルちゃんは固まったまま

早く コハルの書類も印刷できるように頑張ろうね。

モコ、コハル、 夏の間は 自宅にて絶賛お見合い会セッティング致します。
お申し込みは 右サイドバーのメールフォームから。

モコ近況 夏仕様に一歩

久しぶりにモコの近況報告です。
7月5日、ふと気がつくとモコがいませんでした。

いつも居るPCデスク・西の窓際・東の窓際・まさかとは思いましたが風呂場とトイレ。逃げ込み用に押入れに置いてある一番大きなキャリー・高いほうの箪笥の上に置いた箱・コタツテーブルの下の箱 どこにも居なくて・・・

狭い我が家、もう探す所などなく 頭の中は真っ白で、でも間違いなく家の中から外には出られる筈もなく。

しばらくの間ボーっとしながらも もう一度探してみようと一歩踏み出したとき目に入ってきたもの
DSCN1240.jpg

ここはどこかと言うとマロさんが同居していた頃にマロさん用にと机の下に置いたダンボール。
マロさんはすっぽり入って寝られたのにモコが無理やり入り込んだらこんな状況になっていました。
机の下に作った仮ケージ、網は片付けてありますがトイレと箱はそのままになっていて、でもまさかモコが入るはずは無いと思い込んでいたら・・・猫ですねぇ~(笑)

昨日今日と暑くて暑くて(人間がですが)多分猫だって暑いに違いない。
まして福島から関東平野にやってきた福猫君ですからこれまた暑いに違いないと・・・
長毛のモコ、預かってすぐにお尻周りはカットしていましたが 他の所も気になって(^-^)
それでも譲渡会に参加するには虎刈りはまずいだろうと 切りたくてウズウズ でも切れなくてグルグルの毎日でしたが、預かり元締めからサマーカットの許可が下りましたのでそれっとばかり、元締めの気が変わらないうちに背中だけをカットしました。
大人しいモコは一人でもここまで切ることができます(^-^)
ま ちょっとシマシマが残るのはご愛嬌として、そのうち両サイドも短くしようと思います。
moko7.jpg

左がカット前  右がカット後です。そのうち少しづつスリムな猫に変身するかも知れません。
そして刈り取った背中の毛です。
DSCN1251.jpg


今後の成り行きに請うご期待 かな?

預かり5号でした~

誉ベビーず キジ白くんお見合い

今日の主役はキジ白くんですが
いつも通りの様子をご覧いただきたいと 3兄弟一緒に会っていただきました


お見合い場所の預かり2号宅へ移動
場所の変化への戸惑いもほんの一時 すぐさま広いスペースに大喜び
あちらこちら思うが儘に探検しまくりでした
初めてお目にかかるシステムトイレ たちどころにトイレと認識して難なく使用
預かり2号宅のお姉さん猫にも尻込みすることなくご挨拶
この時期の順応性の良さは羨ましいくらいです

IMG_0020.jpg


IMG_0065.jpg


IMG_0056.jpg


自由に遊ぶ姿をご覧いただきながら お話をお聞きしている間にスイッチOFF
本日の主役も一休み
お疲れ様でした

お申し出いただいた方の先住猫さんはミケちゃんによく似た若い三毛猫さんで
子猫の時にご自分で保護されたそうです
他の猫と会ったことがなくて…とキジ白くんと仲良くできるかをご心配のようでした
ちょっとおっとりでマイペースのキジ白くんのテンポ
それが急かさず無理強いせずに 上手に距離を縮めていってくれるのではないかと・・・
先住猫さん よろしくお願いします

というわけで キジ白くんはトライアル期間を設けて後保護猫卒業となります
3兄弟同時期に巣立てたらと願っていたのが叶いそうです
近々3ニャンの体調をみながら 日を調整してお届けすることになります
それまでしっかり食べて遊んで 兄弟の時間をめいっぱい楽しもうね

本日キジ白くんとお見合いくださった方から 福猫舎の治療療養が必要な保護猫のためにと
a/d缶をご寄附いただきました
お心に感謝申し上げます


福島猫 譲渡後・・・

偶然だと思うのですが

立て続けに 福猫っこたちの近況が届いています。

マロさん
ちょっと暴君に変身しつつあるそうですよ
忙しくて緊張を伴うお仕事から帰られても マロさんがいるだけで癒されるそうです。
いまでもヒトが大好きなマロさんですが、きっと
時間をたくさん重ねるといっそう意思の疎通ができるようになって 愛しさ倍増かと思います。
そのマロさん お鼻がグシュグシュ~だそうで 獣医さん初デビューとか。
すぐに治りますように、よろしくお願いします。

あさりちゃん
あさりちゃんがね~~ ととっても心配そうな声でご連絡がありました。

マロ君にしてもあさりちゃんにしても 預かり2号宅にいるコハルにしても・・・
いま 東京生活受難の時かもしれません。
福島の気候とあまりに違ううえに コンクリート住宅なるものでの 初めての梅雨・夏 なんです。
なんとなく異変があるような気がします。 そんなあさりちゃんのママとの会話でした。

で、あさりちゃんも初の体調不良で 下痢嘔吐、食欲不振だと、、、 心配されてました。
今日だけのことだし、元気はあるそうなので すぐに復活してくれることと思います。
そのあさりちゃんですが 最初の頃のあの がつがつした食べ方はすっかり影をひそめて落ち着いたそう。
毛並みもとってもきれいになってねえ、とそれはそれは嬉しそうに様子を聞かせてくださいました。

シェルター生活と ほんとの家での暮らし やっぱり違うんでしょうね。
もちろんシェルターでもできる限りの時間と愛情でお世話は頑張っていますが・・・ 
やっぱり仮の宿、家族ではなくて共同生活の場 なのだと思います。

だから シェルターからは1日でも早く卒業させてあげたい とそう思うのです。


若者チームは馴染みもはやいようで

レオンくん

1372949341757.jpg
助けて~~~  受難の日。
オチリ周り 夏モードに変身です。
毛の長い猫さんは お世話も大変です。よろしくお願いします。

 はく いそべ ひめ は

無題
暑くてもやっぱりこんなに仲良し。
大きくなりましたよ~ って。 家中闊歩してるそうです。
はく君とひめちゃんは・・・ どっちがどっち? わからにゃい。
お姉ちゃんたちに嫌われないようにね(^_-)-☆






誉ベビーず 放牧開始

コクシジウムとバイバイできて ゆるかったベビーずのお腹はようやく落ち着いてきました
お腹の調子が戻ったキジ白くん ちょびちょび食べてたくさん残していたのが
みるみる他の兄弟の食べる速さに追いついてきました
今ではお皿がきれいになるまでしっかりと食べてくれて 世話人はひと安心
昨日の体重測定 キジくん569g キジ白くん423g ミケちゃん498g
数字で確認するとさらに安堵 みんなすくすく~♪

コクシが落ちたので 時間制の放牧を解禁しました
小さすぎて家具の裏から出られなくなったり コードに絡まったりするのではないかと心配で
廊下を段ボールで仕切っての臨時運動場です
みんなケージ生活の憂さを晴らすかのように 思いっきり跳ねて駆け回っています
いつもぐるぐるひとり運動会のキジくんは全速力で一直線に行ったり来たり
おもちゃにはまれば飽きるまで 何をやるにもまっしぐら
ミケちゃんはおもちゃをくわえて運んで 放すものかと一丁前にウーウー唸るし
相撲は果敢に攻めて引きません かなりの武闘派かも
そんな兄弟を遅れてトコトコ追いかけるキジ白くんは 
必死に取っ組み合っているのに どこかおっとりさがにじみます


[広告 ] VPS

もうしばらくこんな風に兄弟と過ごして 猫としてのあれやこれやをしっかり学び合って
里親さんが決まっているキジくんやミケちゃんと同じ頃に
キジ白くんも一緒にここを卒業できたらいいな~と思っていたら
お見合いのお話が舞い込みました 


IMG_6833.jpg

誉ベビーずのキジ白です よろしくニャン!

誉ベビーず 弟君 いつさと掲載中

いつでも里親募集中 キジ白くんの記事はこちら

いつ里にもたくさんの可愛い仔猫たち 味のある成猫たちがたくさん掲載されていますね。
どんなきっかけで ビビッとが震えて
赤い糸が繋がるのでしょう。

キジ白くんの可愛さを伝えるのに 写真が選びきれず
スライドショーにしてみました。

どうです? うふふ ノックダウン



お問い合わせ頂いた中から 真剣に向き合ってくださっている方と
お見合いのお話を進めさせて頂いております。
チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。