セラピーcat 「だみ声姫ダルマ」

ちいさな 四足の生き物 「猫」 寝子とも書く。
そんな生き物との出会いが、家族の生活を一変させてくれたと、素敵なお便りが届いていますのでコメント欄から転載してお届けします。

1月に犬班Aさんのところから来て翌日お届けしたミーコちゃんの現飼い主さんからです。

DSC_0038.jpg


花音ちゃん改めミーコが当家にやって来て一ヶ月以上が経ちました。
こちらにコメントするのもどうかと思いましたが、ご報告させて頂きます。
(私はミーコをお連れ頂いた当日、出張でお逢い出来なかった次女の方です)
まあとにかくよく食べる子で相変わらず太っていますが、とにかく足が早く「動けるデブ」というヤツです。

家中を走り回る→食べる→暖房前のザブトン(家で一番暖かい場所)で寝る→食べる→母親と遊ぶ→食べるという
ローテーションで毎日楽しくやっています。

特にウチの母親がミーコを溺愛していて、最低一日十回は「ミーコは可愛い」「ミーコ大好き」と言いながら撫でまわしています。
ミーコはやはり前の御家族の方にお年寄りがいらっしゃったのか、母親の事は絶対に噛まないし足元にまとわりついたりはしないんですよね。お利口です。可愛がる対象が出来たからか、母の認知症の症状もかなり良くなってきました。

語彙が豊富になり、明るくなり、感情が安定してきました。
実は、猫をまた飼ってミーコと名付けたいと思ったのは、ミーコという名の21歳の猫が去年6月に亡くなり、その後どんどん母の認知症の症状が悪化して本当に感情が乏しくなってしまったのですが、
年末近くから死んだミーコを探すようになったんです。
ケアマネさんに相談したら、「ただ純粋に可愛がれる存在」というものが本当に心の栄養になるというアドバイスで、それで前のミーコの面影がある花音ちゃんを飼ってみたいと思ったんですね。

キャットセラピー大成功で、花音ちゃん(現・ミーコ)と花音ちゃんと引き合わせて頂いた皆々様に、感謝・感謝の毎日なのです。寒い日が続きます。北関東や福島は本当に寒いと思います。皆々様どうぞ御自愛下さいませ。



追記

ミーコもウチに来た当初よりは少々スリムになりました。
ウチは築50年のボロビルですがムダに広いので、おそらく昼間誰もいない時に
「ひとり運動会」しているのかも…毛並みも最近では柔らかくツヤツヤして、美貌にみがきがかかりました。

テレビで可愛い仔猫が映っていても、母は
「ミーコちゃんの方が可愛いわよね〜ねえミーちゃん(≧∇≦)」などと親バカ全開です。
母の席というか椅子には座らないですね。ウチの最高権力者が母だと見抜いているようです。
私の椅子には座り放題…というか普通に眠りこけてます。

母がデイサービスから帰ってくると必ず玄関で待っているので、介護施設の職員さん達にも人気です。
「もお〜この子、姫ダルマみたい(≧∇≦)」と好評を博しています。
福島的には「起き上がり小法師」に近いと思うのですが…

私含めて家族みんな猫が好きなのですが、一番良かったと感じているのは母親の認知症が革命的に改善された事ですね。
正月などは新年早々暗く(暗いというより無表情)常にやるせない・つまらないといった顔をしていて、
もうこんなマイナスの状態で生涯を終えるのかな…と本人のみならずこちらも大ブルーだったのですが、

一匹の「ダミ声姫ダルマ」のおかげで家族全員ニコニコと楽しい毎日を過ごせています。
過酷な環境を生き抜いてきたとは思えない、超が付く天然ぶりに毎日笑わせてもらっています。
介護施設の方も、母のリカバリーぶりには驚いています。
今87歳ですが、最近の様子では100歳越えも夢ではないかも…それほど強力なアニマルセラピーです。本当にありがとうございました。


猫好きさんなら誰しも、老いても猫と暮らしたいな~とシミジミ思うお便りですね。
ミーコちゃんはペットではなくて大切な家族です。

譲渡前にご事情はお聞きしておりました。
想像のできないような不測の事態・・・というのもあるやもしれず、でも何かあったら無理しないでもらえばいいよね
そんときはまた福島~ なんて犬班Aさんとは フレキシブルに前向きに行こう 的な話をしていました。
こんなハッピーな 行間から本当に笑顔が溢れている って細かい説明なしで十分感じて頂けるお便りかと思います。
ミーコ、福猫でかしたぞ! 

起き上がり小法師のように、諦めないで幸せをつかめるよう 福島っ子の縁組をまとめていけたらと思います。

預かり2号 筆

特別寄稿 預かり4号から あさりへ

DSCF1835.jpg
2月19日、ロミロミちゃんのお届け、無事完了いたしました。

1月18日ほぼ新しい飼い主さんが決まっていたロミロミちゃん、
飼い主さんのお仕 事の都合で2月に入ってからのお嫁入りということで、
4号宅で短期お預かりさせていただきました。

我が家へ到着したロミロミ、すでに新飼い主さんより「あさり」という名の候補があり
すぐに「あさりちゃん」と呼ぶようにしました。

キャリーから出てきた姿にみなで、おやおやおや、、、という驚きの声、、、、、。
かなりのおデブちゃんでした(^^;)
(いやぁ、本にゃんとのお見合いがこれから・・・大丈夫かいなと思った 預かり2号)

でもこれは、1年間たった1匹で頑張って生き抜いたご褒美です。

しかし我が家へ来てから軟便→血便を出すようになり、薬と療法食のお世話になることに。

じつは、あさりちゃん、
救出された時すでに血便を出していて、完治に2~3カ月か かったようです。
環境が変わったことで、ストレスでまた再発したのでしょう。

お引き渡しの日までに、なんとか血便もおさまりましたが、、新しい家族のもとで、
ゆっくり時間をかけて、体と心の健康を取り戻して欲しいと願っています。

このひと月で、あさりちゃんの苦労、背景を少し読み取ることができました。

3.11から人間の消えた町でどれだけの恐怖を味わってきたか。

人間がいないということは、残飯も出ません。

おそらく、小動物を狩ってきたのでしょう。

あさりちゃんを紐でじゃらすと、その片鱗がうかがわれます。

犬にも追いかけられたのでしょう、もちろん獲物として。
私のベッドでよく寝ていても、外の犬の鳴き声に反応して急いで逃げます。

くつろいでいるときに、何かの音に反応して警戒します。

DSCF1834.jpg



私にはなんの音かはわかりません・・・

シェルターに保護されるまでの1年間(2012年3月に保護)、
弱肉強食のなかで生き抜い たあさりちゃん。

基本とてもおおらかな「あさりちゃん」でさえこうです。

シェルターに保護されている子達は多かれ少なかれ、なんらかのトラウマを抱えてい ます。

そのトラウマが少しでも解消されるようますように、、、願ってやみません。

DSCF1840.jpg



あさりちゃん、新しいお母さんに「この子は癒しをくれる福猫さん」といわれてま す。

本当にそうです。

今は突っ張っている先住猫ジャックくんも、じきにあなたの存在を認めてくれるでしょう。

あさりちゃん、いろんなことを教えてくれて、本当にありがとう。



幸せになるのよ。


タイピィとその家族より
1361933568875_20130227122256.jpg

ロミロミ 改め あさりちゃん (特別寄稿あり)

譲渡完了 ありがとうございました! 
浪江町津島出身まるこシェルターから来た ロミロミちゃん推定4~5歳
1358495515348_20130205123010.jpg
ミーコちゃん、フータくんと一緒に上京したロミロミちゃんですが、短期預かりをお願いできた猫友さん宅で体調調整を行っておりました。
ひどい飢餓状態で保護され健康状態も万全ではない保護猫たちは、ウィルス検査を経て駆虫・ワクチンとすすみ、とにかく猛烈に食べたい!で、おデブの道まっしぐら。
ロミロミちゃんも例外ではなく、また移動のストレスなどでお腹の調子がイマイチでしたが、預かり4号宅でお薬や処方食の助けを借りて、改善に取り組んでいます。
 1361933518385.jpg
お届け当日。新しいお家のソファで。でもあさりちゃん、お顔が緊張しています。

ロミロミちゃんは上京以降、ウンチの最後に粘液便、しかもほんのわずかなのですが血混じりということがあって、けして下痢便ではないのですが、
万全な体調で次の本当の家族へバトンタッチしなければと、預かり4号奮闘の日々でした。
なにしろ 食いしん坊なので ちょっと目を離すと盗み食いをする・・・ またそれを許してしまう先住さんたち(笑)
一人ぼっちで最初の冬をすごし、保護された直後もずいぶんと長く血便が続いたそうで、態度でかいロミロミが実は繊細な子で、移動のストレスを抱えていたのでしょう、再発だったようです。
最初は たんなる食べ過ぎ、と思っていたのですが、そんなわけで療法食のお世話になっているあさりちゃん。
新しい家で、その必要が無くなる日が1日も早く来ますように。

先住猫の 黒トラジャッキーをしっかり尻に敷いて 自分の位置を確保したらしく、新しい母さんのSさんから26日、正式に譲渡のお申込みを頂戴しました。
あさり~ 福猫たれ! S家にたくさんの福をもたらしておくれ。幸せにね


福島っ子を希望してもらって

預かり2号です。今日のエントリーのカテゴリー、悩みました。
ロミロミちゃん改めあさり(以下あさりちゃん)、お届けが終わって 門出とすべきかな、とも。 
でも、大物癒し猫 あさり本猫はその気でも、
IMG_0530.jpg
すでに持参の猫ベッドでリラックス

先住猫さん(かっちょいい~黒トラのお兄ちゃん)がwelcomeかどうか、一応1週間のお試し期間を設けました。

大人の猫の預かりができるお家(スペースもだけど猫家族の事情も大なので)はなかなかなくて、チーム福猫だけでなくて、どの団体やボラさんも頭を悩ませているのです。
3にゃん同時移動を目論んだ理由の一番はやはり搬送経費を浮かすことだったのですが、それができたのは 短期預かりとして名乗りを上げてくれた猫友タイピィさんこと預かり4号の登場でした。
あさりちゃんをと大筋での縁談確保はできたものの、お猫入りはお仕事の都合でひと月先。
その間のあさりちゃんの居場所を確保したくて期間限定でお願いしたら、二つ返事。
「私だって福島っ子のために何かできることがあれば、応援したかったのよ、今なら大丈夫と。」
結局それは、一見大物のあさりちゃんが、実は繊細でシェルターから一般家庭への橋渡しの大事なケア期間となり、思いもかけず通院を含め預かりさんには楽しくも大変な日々となったのでした。
あさりちゃん預かり記はまた後日。

福島の猫だけが特別という想いはないけれど、、、
いつも気がかりでみているいろんなブログの福島っ子たちのご縁が結ばれて行くのは やはり嬉しくて
特に仔猫の少ないこの時期は 大人の猫、中猫にも弾みがついているようで 元気が出ます。

そして2号と4号 珍コンビでのあさりちゃんのお届けは、前代未聞となりました。

今日のつれづれは この先で↓

続きを読む

ドキドキ(預かりびとの気持ち)

ちょうど一月前の1月18日 風の強い冬晴れの日にミーコちゃん、ロミロミちゃん、フータがやってきました。
佐野インターまで預かり2号が猫友さんにつきあってもらい(佐野ラーメン食べに行こう~)と東北道を走り、お迎えに。

そのフータ・・・ですが 超超イケメン君。
こりゃすぐに里親さんも決まるわね、な~んて軽く胸算用しつつおりましたら 開けて(@_@;)玉手箱
超超シャーフー猫で とても触れたものではありませんで、焦る焦る
唸るだけではありません、手も足も口も出る。預かり2号パパ傷だらけ。
手出し無用というに、猫バカチャレンジャーなものですぐに撫でたがる。自分はすぐに好かれると?笑

見た目は
DSC_0627.jpg
カッコいいでしょ~ ブラウンタビーとシルバータビーの両方の色合いを持ち合わせています。
フサフサのこの毛並み、触りたくもなりますし。

DSC_0597.jpg
キリリとお世話係を見下ろします。

でも実は 近寄るだけで・・・

こんなでした。

まるこさんにご報告すると、 「そんなぁ~ そんなはずないけど、、、 どうしちゃったの と。」

と、実はチーム福猫 そっくりそのまま、その時のまるこさんの心境。

みっちゃん、昨日トライアルに入りました。
うーん なかなか 思春期のお嬢様は難しいです。
人間の事情を飲み込めというのも無茶な話で、、、。
小さな無邪気な仔猫のお猫入りとはちょっと事情が違います。
3時間滞在させて頂いて帰宅・・・預かり3号の髪は 後ろに完全に引っ張られているのを私は見ました

いつもお世話になっていた 西大井の譲渡会スタッフさんからもとても良いアドバイスを頂いて
そっくりそのまま里親さんに伝えるも・・・ 何もしてあげられないもどかしさ。
みっちゃんの力を信じて待つ、しかないのですから。

固まったクールビューティのみっちゃんの写真をアップするには まだしのびなく。。
フータも心開くまでたっぷり1週間かかりましたから、まだまだみっちゃんは始まったばかり。
祈るような気持ちで、というか 祈っています^^

でもちょっと嬉しいメールも。




続きを読む

うれしいご報告


昨日の譲渡会のご報告です

みっちゃんの里親さんにとのお申し出をいただきました

実は今回もやっぱり・・・と思っていたので うれしいよりびっくりが先でした

SN3S039600020001.jpg


SN3S03950001.jpg


知らない人だらけの落ち着かない場所は苦手なのに

昨日も最後までこんな表情のまま・・・今までよくがんばったね みっちゃん!

来週からトライアルに入ります

お迎えくださる方はお住まいを移されてから愛犬と離れていらっしゃるそうで

みっちゃんと一緒に暮らすことを楽しみにしてくださっています

みっちゃんは生まれてからずっと猫と一緒に過ごしてきたから

初めてのひとりっ子生活はどうかな

お膝も遊びも独り占め ご飯はいつも一番最初っていうのもまたいいよね


みっちゃんを応援くださった皆様 ありがとうございました

明日は譲渡会 IN銀座


IMG_5158.jpg


明日2月10日 譲渡会に参加します

今回は銀座です


IMG_5159.jpg

みっちゃん 出番ですよ~

プロフィールはこちらをどうぞ

猫ちゃんの譲渡会IN銀座(幸せにゃんこ主催)
2月10日(日) 13時~17時
中央区銀座7丁目10-5
ランディック第3銀座ビル3階 カンタータ(屋内)

ロミロミに続け!

8日、昨日になりますが 被災大人猫のロミロミちゃんがお見合いをしました。

実はその里親希望者さんは・・・動物病院のポスターをご覧になって
みっちゃんをとご連絡くださったのでしたが
年齢が61歳(でもと~~ってもお若いんです。現役バリバリのワーキングウーマンです)
ということもあって手放しでよろしくお願いしますとは申し上げられず、
昨年来、何度もお電話やお手紙や直接お目にもかかって お互いの意向を確認し信頼を築いて来ていたのでした。
福島被災猫をと希望してくださっておられたので、それでは仔猫ではなくて大人の猫をとお願いして快諾して頂きました。

で、白羽の矢が立ったのがロミロミちゃんだったのですが… 東京に来て血便が見られるようになり(キャンピロバクターの増殖) また、下腹部に気がかりな所見があったりということもあって
短期預かりをお願いした「預かり4号・タイピィさん」が細やかなケアをして準備をしてくれていました。
現在進行形なのです。お留守番時間が長いのでできるだけ健康な体で・・・と。

実物をみて こんな大きな子、うちの子が恐がるわなんて言われたらどうしようとか(笑)
実はドキドキだったのですが、忙しいお仕事の中 お届け日を19日と決めてくださいました。
ロミロミは「あさりちゃん」と新しい名前ももらいました。
あさりちゃんについては また後ほど・・・

そんな赤い糸を手繰り寄せたきっかけを作った みっちゃんこそ 頑張らなくちゃね。
明日は銀座の譲渡会にデビューします。
場所見知りのみっちゃんなので、きっとまたケージの奥でこそこそ かもしれませんが
強烈なオーラを出している子ではないかもしれませんが
一緒に暮らしたら その良さを分かって頂けると思います。

いつでも里親募集中での新たな掲載は こちらになりました。
幸せにゃんこスタッフさんができるだけ埋もれてしまわないように、ギリギリにアップしてくださったのですが、すでにページは追いやられています。
それだけたくさんの猫さんがお家を探しているわけですから、みっちゃんもなかなか厳しい(>_<)
でも良い縁を探して頑張ります。

昨日、あさりちゃんのお母さんにも「みっちゃんは決まったの?」と聞かれて 思わず
「ごめんなさ~い」と預かり2号 ひれ伏しました。

明日の会場はとても狭いので 応援面会の提案も頂きましたが、申し訳ありませんがご遠慮をお願いいたしました。
お気持ちだけ嬉しく頂戴いたします。同じことを考えてたという方、ごめんなさい。



猫ちゃんの譲渡会IN銀座(幸せにゃんこ)

2月10日(日) 13時~17時
中央区銀座7丁目10-5 ランディック第3銀座ビル3階 カンタータ

o0348050012400073608.gif
クリックで大きくなります。ご来場お待ちしております。

キュルル~♪


コートもいらないような暖かさになったかと思ったらまた雪が降ってと

この2月のお天気は落ち着きません

寒さの峠はまだでしょうか

次の日曜に初めて参加する銀座での譲渡会を控え

預かりおばさんもそわそわ ちょっぴり落ち着きません

[広告] VPS
みっちゃんはこのおもちゃが一番のお気に入りで

投げると夢中で追いかけて何回でもくわえて持ってきます

遊びすぎて今は持ち手が千切れてしまいました

私の手元で揺れるおもちゃをじっと見つめて

放り投げられるや否や追って駆け出す時の勢いで

キュルル~♪という声が漏れるのがかわいくてたまりません

譲渡会でもこのくらいリラックス・・・とはいかないかもしれないけれど

肩の力を抜いていこうね みっちゃん!

猫ちゃんの譲渡会IN銀座(幸せにゃんこ)

2月10日(日) 13時~17時
中央区銀座7丁目10-5 ランディック第3銀座ビル3階 カンタータ

肉球スタンプ

IMG_4551.jpg


白い部分が多い毛色の子の肉球はピンク色の場合が多いように思っていましたが

みっちゃんのは極一部にピンク色があるものの ほぼ全部が黒っぽい色です

同じキジ白の姉分猫は全部ピンク色

みっちゃんの方が白い部分が断然多いのに・・・

毛色と肉球の色の法則は私が思っていたのとは違うみたいです

白い足に黒い肉球はよく目立って ピンクのよりもやんちゃで元気なイメージ

駆け回るたびにかわいらしい足跡がペタペタペタ~ッと

みっちゃんの肉球スタンプは床に楽しい模様を描きそうです


さ~て みっちゃん

次の譲渡会が決まりましたよ

幸せにゃんこの譲渡会に初めて参加します

次こそは みっちゃんの肉球スタンプで確かな足跡を残そうね

おばさんもがんばるよ~


猫ちゃんの譲渡会IN銀座(幸せにゃんこ)
2月10日(日) 13時~17時
中央区銀座7丁目10-5 ランディック第3銀座ビル3階 カンタータ

IMG_4704.jpg  

初めての・・・


ここはどこでしょう

SN3S0383.jpg


答え: 浴室の中です

ここずっと入浴時にみっちゃんはドアの前で待っていたり

時々ドアの隙間から顔を覗かせていたりしました

兄分猫とはしばしば一緒に入浴しています

小さい頃から風呂のほわんとした暖かさが気に入っているようで

入浴中はずっと風呂蓋の上で気持ちよさそうに寝ています

風呂を仕舞う時には何回も促してやっと起き上がるほどの風呂好き

そんな兄分猫が羨ましかったのか真似をしたかったのか みっちゃんが新境地開拓!


SN3S0363.jpg


そっとドアを押し開けて入ってくると 慣れたように湯船の縁に飛び乗り風呂蓋に移動して

兄分猫の隣に落ち着くと ヘアクリップをいじって湯に落としたり

水面をじっと観察したりして シャワーの音にもへっちゃらでした 

入浴最後まで付き合って ホカホカみっちゃんのいっちょあがり~!

次の日は兄分猫がいないのに浴室に入ってきて風呂の蓋を独り占め


SN3S0370.jpg


よほどホカホカがお気に入りのようです

湯を張った湯船は猫にとっては底なし沼と同じでつるつる滑って登れません
    人の目がない時にはドアをしっかり締めてください
チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

チーム福猫

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団