黒ちゃん正式譲渡 (猫との出会いのことつらつら)

昨日はひどい台風でした。 
コンクリートに囲われた部屋で昼寝でもしていれば何も知らないままでいられるかもしれないというほど、
猛スピードで駆け抜けていきました。
そして午後には悲しいぐらいの強烈な日差しにクラクラ。

やっと動き出した私鉄の各駅停車を乗り継ぎながら 
品川っ子の黒ちゃん(ずっと長い事TOPに写真があってご心配かけてました)の正式譲渡に出かけてきました。

S__14803016.jpg

お外生活から 家猫になりたて。 人間との暮らしのリズムがなかなか掴めなくてちょっと苦戦。
でも持ち前の甘えっ子と 子供っぽさは魅力いっぱい。
限りなくお試しという名に近い 預かりさんが頑張ってくださって 黒ちゃんは わさびちゃんとして正式譲渡 

久しぶりに抱いたわさびちゃんは相変わらずちっちゃかった~ ほんとにちっちゃい女の子。
以前の子が男の子でとても大きかったということなので、里親さんにとっても仔猫ぐらいの感覚でしょうか。
これから冬に向けては今以上にお膝から離れない子になりそうなので… 軽くて良かったかなと思います。

そしてちょうど1週間前には のんちゃんがお試しに入っています 
ソファの下にもぐってしまって のんちゃんのお届けの時の写真は無いのですが・・・
あっという間に探検して食べて出して(笑) 遊んでもらって馴染んでいるそうです。

猫・・・はヒトが選んで飼い主になっているようで、実は猫に選ばれていると思っているのですが
縁組をしていく中で どうしてこの子が目に留まりました? どうしてこの子を選ばれました?
とお聞きするのはひそかな楽しみでもあります。

電気が走ったように 「この子だ」 ということもあるでしょうし 
なぜか気になってしまって、なぜ?が分からないのだけれど 何度もみているうちに応募してしまったとか答えらしい答えがないこともあります。

わさびちゃんは その名前から気付くように さび猫。
今度はサビ猫と暮らしてみたいという強い強いご要望から 黒ちゃんをお世話させて頂くことになりました。
色柄優先の猫さん探し。 
サビ猫は初心者よりも飼育経験者からの人気の方が高く
頭の良いところ 独特な雰囲気を持つ 時にツンデレだったりと性格に魅かれて 猫飼いの最後のステータス?笑
そして圧倒的に 女性に人気>男性 という傾向にあります。
わさびちゃんも奥様が押し切った? 形でした。 (余談ですが、預かり2号宅のサビ猫も同様に押し切ったケース・笑)
以前ご主人に うーん 何もサビ猫じゃなくても~って思ってるでしょ? と笑って問うたことがありますが
正直に はいぃ~と 返事をされてました(笑)

昨日 お邪魔してたくさんお話をさせて頂いている中で 奥様がぽろっと
「夫が サビ猫もいいね」 ってそう言ってくれて・・・と おっしゃられ。
心の中で ポーズ。

のんちゃんは被災猫であるということもあったのですが、何より亡き先住猫さんに似ていたということでした。
でも 先住さんの方がずっと美人。 のんちゃん逆立ちしても敵いません(笑)
のんちゃんも先住さんも縞三毛さんで そして背中の模様が 三毛というよりサビに近い色の混じり。
その後ろ姿や後頭部はドキッとするほど似ているんだそうです。

先に正式譲渡が終わった 梅子さんのケースは
色柄は問題ではなくて、自分たちの生活環境やリズムに適した子というのが第一優先でした。
鳴かない どたばたしてない まったり・・・ 白羽の矢が梅子さんに。
中年の魅力 ですね(笑)

譲渡会で出会ったのは偶然を装っていても 実は募集サイトで見つけて会いに来てくれていたなんてことを、ず~~と後になって告白されることもあります

どんなに性格の良い子でも、一緒に暮らしたら最高と太鼓判押せる子でもなかなか決まらないこともあるし
この子は苦労するかな(決まるまで長いぞ~)と覚悟してた子なのに、真っ先に家族ができることもあります。
いったい何がハートを鷲づかみにしたやらと 脱力しちゃったこともあります。 

譲渡会では 「可愛い子がいいです」なんておっしゃってる方が決めきれずにお帰りになることもあって
不思議なものです。

猫の可愛い は 人によって  千差万別 だからいいんです。



駄文が続いていますが(笑)  何が書きたいかって・・・

光圀にも出会いがないかな~~~  ってこと 

光圀を 光圀だけをたった1匹として迎えてくださるというなら それは通。

べた猫ではない光圀とだけ暮らすのはやっぱりちょっと寂しいから 普通の甘えっ子さんが居て 
光圀には好き勝手にしてていいよ と 家庭内野良認定を出してくださる そんな出会いは無いかなぁ。

1年以上を暮らしたシェルターでは撫で撫でもOKになりましたから、時間をかけて向き合ってくださればとも思うんですが
大きな期待をせず 光圀を光圀のまんま・・・ 

DSCN2987.jpg

このキラキラした瞳を見てられるだけで 幸せ~と 思ってくださる方 世界中に一人でいい

出会いたいです。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

連休中日 梅子さんほんとのお家に!帰りました♪

3連休の中日 大渋滞の中 梅子さんは 若き梅子パパと梅子ママの待つ府中へ。
車が大嫌いな梅ちゃん 声が枯れてしまうほど鳴いてしまって・・・
裏道を行くも どこもかしこも 車の列。 ずいぶん予定をオーバーして 頑張った梅ちゃんはこんな。

キャリーから出してあげれば鳴きやむのですが そういうわけにもいかず。
記念に 動く梅ちゃんと梅子さんの声。



梅子ちゃん正式譲渡となりました。
癒し猫 梅ちゃんを知るボランティアの皆さん 
梅ちゃんは毎日大きな梅子パパの腕に抱かれて眠ります。安心してくださいね。

梅子さん 長く記憶に留まる子。記念につらつらと想い出を書きとめておきたくて 

続きを読む

チェルシー正式譲渡!!

ご応募を頂き 大慌てでお見合いを設定し、お届けと 最短スケジュールでことを運ばせて頂きました。
それというのも・・・ お盆明けに福猫舎の仔猫たちを受け入れるためでした。
その仔猫たちを迎えてあげることは叶いませんでしたが、早く生まれ変わっておいでという気持ちと
パルボから生還しつつある仔猫2にゃんにはいつの日か迎えに行けるように、絶対約束だよという気持ちでいます。

見守るしかなかったパルボの経緯でしたが 一方では チェルシーのお試しが何の心配もなく進んでいて
本当にありがたかったです。

「 炎天下浪江より来たるモンちゃんは  
             三日経ずして家族となれり 」


と新しいお父さんのブログにあるのを拝見して、
モンちゃん自身のもつキャラクターと新しい家族のウェルカムな雰囲気がすんなりすんなり溶け込んで
送られてくる写真と四足家族を見守る温かさと、そして新鮮さを伝えてくださる文章で 
預かり2号すっかり正式譲渡も終わった気分でした。

*モンちゃんは ドラえもんと改名したチェルシーの ニックネームです。

モンちゃんの新しい生活を写真で頂戴した写真で紹介します。

IMG_0468_1_.jpg
あたしい生活を始めるなり こんなモンちゃん。 よゆ~ です(笑)

モンちゃんナナハイツ−20026_1_
お猫入りに持たせた トンネルキューブは 最年長ななちゃんとお近づきになる良いツールだったようで

「トンネルにナナが入るなんてちょっと想像しませんでした。
ナナも実はモンちゃんやトンネルが気になって仕様がなかったのでした^^。
そこにモンちゃんすかさず突撃でナナと交代で遊びました。」

↑ この様子 が預かりも嬉しくて 何度も何度も読み返した部分です。
ナナちゃんへの愛情もいっぱい。 ナナちゃんは飼い主さんが亡くなったことによる保護猫だったそうです。

IMG_0536_1_.jpg
はいつー君は ナナちゃんよりほんのちょっとだけ最初遠巻きだったそうです。
それでもやっぱり気になって気になって(笑)
若いから はいつー君の方が先と予想してたのですが・・・ あれっ?でした。 でも、
いまでは はいつー、モンの シャムmixコンビが 「連れだって遊び回っているそう」 です。

IMG_0544_1_.jpg
モンちゃん 新しい猫ベッドを買ってもらったのでしょうか?
それとも ナナちゃんのを横取りしちゃったとか? 

モンちゃんは 当たりの福猫さん と預かりの評価は一致。
こんなこ、一家に一匹いたら 和むね~   ああ、時期があえば うちで欲しいわ と誰もが。
こんなモンちゃんなので どこへ行っても大丈夫なはず、オファーもいっぱいと目論んでいました。

とうのモンちゃんから

「当たったのは おいらのほうさ  」 って 寝言が聞こえてきましたョ。

K家の皆様 どうぞドラえもんを末永くよろしくお願いします。
抜け毛のひどい子、お布団に入れてくださって 超大変と思いますが・・・
2、3年後には 家猫の毛ぶきに落ち着くのではないかと思います。
津島の寒さ厳しいところで冬を越した勲章の冬毛の名残、始末よろしくお願いしますm(__)m


ぼんこしっぽのバナーも最後です。ぽちっと!よろしく。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

チェルシー トライアルへ(8月6日)

むちゃくちゃな気温の中 
できるだけ快適に、交通手段をフルに贅沢に、お手伝い総動員で(なんじゃそれ?ですよね)お届け。
お盆前で預かりの帰省を控えているため、慌ただしい日程でお迎え頂いてしまいました。

チェルシーはキャリーお嫌い、電車、車お嫌いですが そこそこ静かに 可愛く鳴くぐらいで
何人も方に あら可愛いなんて声をかけられて調子にのったか?笑
同行者はハラハラすることもなく 無事お迎えに来て下さったKさんご夫妻と合流出来ました。

チェルシーが新たに暮らすおうちは 緑いっぱいの広いお宅です。
大好きな出窓もいくつもあります。
65808.jpg

先住さんは チンチラのななちゃん(10歳ぐらい)。シャムmix(2歳)のはいつー君。
お写真で 白猫と思っていたら チェルシーと同じでした

IMG_1181.jpg
はいつーくんも緊張しています

薄いブルーの瞳に やっぱり目が寄ってますw
大きな体、仲良くできるといいなぁ。
ななちゃんは恐がりで、、、無理にお写真撮らせて頂くのは遠慮したので残念ながらお姿なし。

無理に仲良くしなくても、それはそれで良し と言ってくださってるKさんですが
一緒に暮らすからにはネ、みんなで楽しく過ごして欲しいな。
トライアルのつもりではなくて、即正式譲渡でいいんですよとのご希望でしたが
一応通常通り 猫どおしの世界にも許せない事情ってもんがあるやもしれず様子を見て頂くことに。

4月12日に保護されてからのチェルシーは激動。
上京して最初に保護部屋に放った際の あの脅えたイカ耳の表情を思いだします。
2軒のまったく違う環境を経験して、くたびれる譲渡会やらにも2度参加して ふぅ~っと落ち着いたと
たぶん・・・思っていたはず・・・のところ
なんだかまた知らないとこへ行って  撫でられチューされ、バイバイと言われてしまった「おいら」

Kさんからのメールには 「置いていかれた感」のあるチェルシーと、言い得て妙な表現が綴られていました。
大きな窓から見える景色、探検するには楽しすぎるアップダウン(ご想像ください)。
IMG_1183.jpg
最初は余裕のよっちゃん(笑)  でも、
ん ん ん? と楽しんでいたチェルシー、 最後に気がつきました。

仲良くしないといけない相手がいる!  
上京以来ず~~っと下手に出続けて 空気の読める男。
ですが、さすがに
「またかよ」 感 w。 ありましたね

でもね チェルシー 最後だよ 最後!
そしてその時には 新しい名前を 一生の名前を貰うんだよ。

なかなかブログには書けない 
レスキューの事情、チェルシーが生きるために差し伸べられてきた多くの手のこと
いろんなことをお話しながら 長居をしてしまいました。

預かり二人がお暇してからのチェルシー。Kさんより。
14年8月6日 023
やっぱり 出窓が好きなようです。
チェルがまたたび好きとお伝えしてあったせいで 母さんがあちこちにまたたびを仕込んでくれていました。
きっとお気に入りの場所を増やしていくことと思います。

チェルほどの子でも、成猫さんの新生活スタートはドキドキします。
本猫の心臓のバクバクが預かりにシンクロするようになってきてしまいました
こんな愛されキャラの猫はなかなかいません。大丈夫、なのはわかってるんですけどねえ。 

正式譲渡まで 一時です。

もうすぐこのバナーもお役御免です。寂しいなぁ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

レオンとチェルシーの送別会

おなじまるこシェルター出身の二人。

若いレオン 元気の有り余るレオンのことが ちょっとうざかったチェルシーだけど
なんだかお別れが来ること分かってる 気配。

せっかくなので秘蔵映像を 


S__11591775.jpg
同郷の二人。やっぱり福島弁ってか?



チェルシー 新しいおうちでもお気に入りの場所がきっと見つかるから
上手にシェアしてね。
S__11591779.jpg
明日は キャリーに大人しく入ってくれますように。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ 
チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

チーム福猫

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団