被災地の猫のお福分け 六花の場合(正式譲渡)

六花のこと なかなか記事にする時間が無くて 今頃  ですが… 時系列だとあまりに長い。
通常 お見合いとお届けと別記事分の分量ですから・・・
Kさんご家族との出会いとお見合いは 追記でどうぞ。
六花は リリーちゃんとして正式譲渡になりました。

お見合いは18日でした。できるだけ早いお届けが良かろうということで 21日 2号と4号で行ってまいりました。
駅まで迎えに来て下さったママの頬は緩みっぱなしとちょっとの緊張。
パパはお仕事、お嬢ちゃんは保育園、 ママ一人で リリーちゃんの引き継ぎはちょっとだけ緊張の面持ちでした。

リビングを入ると用意されていたのは (広告以外で実物みたのは初!)
2014-05-21 15_25_15
選んだのはパパ!だそうで 部屋にはごくごく自然に  ちゃんがいっぱい。
リリーちゃん、上手に使えますように!と心配したのは杞憂に終わったようで、、、。

リリーちゃんは想定通り 暗がりへ暗がりへ ちょうどいいソファ下に隙間があるものだから…

rr1.jpg
緊張した表情のリリー。

引っぱりだしては抱っこ・・・ を2、3度。 でも基本的にヒト大好きなので 心配はいりませんよ、と。
とはいっても 皆さん、 猫の方が我が家を気に入ってくれるかどうかは ドキドキもののようです。

小さなお子さんが居るので 駆虫はしてあるけれど虫さんへの注意を。
ちょっとしつこかったかしら(笑) ママの目に涙が浮かんでたかも? ごめんなさい。
痒みがあるような気配もあるし、、、 
預かり中に把握しきれなかった面もあって注意点ばかりの引き継ぎで申しわけなかったです。
それというのも あまりのトントン拍子故 

猫談義などしつつ時間を過ごし、おからの砂とシステムトイレの砂を混ぜてしまう大チョンボをしでかし
ソファの隙間にすっぽり納まるリリーちゃんにお別れを言っておいとました預かりに・・・

 で届く様子は・・・

7746.jpg

もう な~んも心配の要らないものでした。 保育園から戻ったAちゃんにチュールを貰ってご機嫌。
ソファの下からは早々に引越して・・・  うーん あたしらが邪魔だったか(笑)

むちゃかわいいAちゃんの笑顔が公開できなくて残念。右手にはコームで さっそくコーミング。
一年中 毛玉も無しの艶ぴかリリーちゃん間違いなしです 

「4時に 一番でお迎えに来てね!」とママにしっかりリクエストしててくれたAちゃん。
リッカの赤い糸はここと繋がってたのかな~

IMG_1119.jpg

帰り道 電車の中で 「リリーにあえてうれしいです」 ですって 
いや~ん やけにシンミリ?な1行? と眺めていたら

「すいません 娘が勝手に返信してました 私も六花ちゃんに会えて嬉しいです。ありがとうございます」とママから。

平仮名だけのlineは Aちゃんということで見極めることになって、、、 最年少のline友達が出来ました
Aちゃんとリリーちゃん なんだかママゴトのようなお世話風景です。

男の子よりも女の子の方が(ご主人に)ベタベタ甘ちゃんしてくれるかも という助言で
六花ちゃんに会いに行ってみよう ということになったということもお聞きしました。
パパとAちゃんにとっては リリーちゃんがファーストにゃんこです。パパもメロメロだそう。

さわやかなパパと美人なママと 笑顔が可愛いAちゃんと 家族中が六花との出会いを喜んでくれて
本当に元気が出るご縁となりました。

リリーちゃんがもっと殻を破って我まま娘になって、Aちゃんと素敵な姉妹となりますように願っています。

大人の猫さんに目を向けてくださる方が増えていることに感謝しつつ、
そして長くなりますが 出会いとお見合いは 追記で。。。


続きを読む

カイくん→海くんに

IMG_1075.jpg

カイ君の譲渡が決まり お届け日程の打ち合わせ

「いろいろと心配して迷いましたが、いまは楽しみな気持ちだけです

とメールを頂き、準備のワクワク感が伝わってくるなか 今日を迎えました。

カイくんは 読みはそのままに 海 という名前を貰って新しい生活に入りました。

昨年春に保護されて、すっかりなじんだ生活から一変。また新たな環境へ。

でも、猫たちは預かり宅と 家族の家の違いは分かっていて 馴染むのが早くて

ほんとの自分をさらけ出すものなんですね。

海くんの新たな一面がどんなふうに引き出されるのか 楽しみにしています。

IMG_1074.jpg
初めてみるテラスにも興味津々。

海くんの新生活のことは ほとんど何も心配してなくて…

お暇してから 2時間後ぐらいにはそっと甘える姿の写真が届きました。

里親Aさんの良き相棒 (ママじゃないんですヨ)として
楽しくてあったかい時間が流れてくれますように、それができるだけ長いものでありますように。


本当の名前も 本当の年齢も分からないこたちがたくさんいる。 
震災前と同じではないけれど、また普通の暮らしをさせてあげたい。
海くんをお預かりして本当に良かった。チーム福猫やってて良かった。 
色々書きたいことも想ったこともあったのだけど それに尽きるかな、と。

預かり一同。

海くんの新生活のはなむけに 盛大にぽちっとおねだりしてもいいですか?
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

カイ 運命の出会い

カイ君です 来週新しいお家にお届けになりました。

3月末に福島から来たばかりのカイ君 ケージの隅っこでトイレに寄りかかって不安げな表情で固まっていました。

DSC_2689.jpg



さすが男の子、すぐに慣れて窓から外を眺める余裕も出てきたカイ君

DSC_2717.jpg



4月6日の譲渡会を無事に乗り越え 二週間目のカイ君

DSC_2759.jpg



もうこの頃には抱いたままひっくり返して爪も切れれば耳の掃除もできる、何をしてもまったく危なげの無い実に穏やかなカイ君でした。
実はこの頃まであまりご飯を食べなくてとっても心配していました。
預かったときに6.8キロだったカイの体重は6.4キロに。
それでも元気に遊ぶし、自発的なダイエットと思いながらも不安な預かりでした。

4月13日 二度目の電車移動がとても嫌だったらしく足をちょっと(ほんのちょっと)傷め、鼻の頭に擦り傷を作り・・・
そんな状態で参加した自由が丘での譲渡会には運命の出会いが待っていました。

昨年愛猫を亡くされた里親候補さんでした。

通常は平日がお休みで 日曜日のお休みはめったに無く、さらに自由が丘で猫の譲渡会があることも今回はじめて知って何気なく立ち寄ってくださった里親候補さん。

このときはまだまだ次の猫と暮らすことは考えてはいらっしゃらなかった・・・

会場では入り口から一匹づつ ゆっくりゆっくり撫でながらぐるっとまわって角に来たところでカイ君に出会ってしまったとか。
これはもう運命としか言いようの無い出会いだったわけで。

随分と長い時間 重いカイ君を膝に乗せたままお話をさせていただいて・・・
その場では決断を仕切れなかったものの ゆっくり時間をとってお見合いにおいでいただくことでお別れして・・・

電車移動が負担だったカイ君と預かり人、20日の譲渡会は休ませてもらってそのままGWに突入。

その後もずっと元締め(預かり2号)と里親候補さんの間ではメールのやり取りが続いていて。

出会いの日からちょうど一ヶ月後の5月13日、カイ君を家族に迎える決断をしてくださいました。

たくさん悩んで、ハンデのことも この先あるかもしれないこと ないかもしれないこと すべて受け入れてくださいました。 

そんな苦労を知ってか知らずかすっかり馴染んでのんびりのカイ君

DSC_2841.jpg


DSC_2872.jpg


ウエットご飯は肉系よりお魚系が好きです(今のところ 笑)

コードを噛んだりゴミを散らかしたりのいたずらはしません

フーもシャーもパンチもありません

口を開けてポイッとお薬を飲めます

遊ぼうよと呼びに来ますが 一人でも遊びます

新聞紙の下に隠したネズミさんが好きです

ガサガサするものが大好きです

ヒトが遊んでくれる羽のおもちゃが好きです

優しい男です 黙って愚痴を聞いてくれます

甘噛みをしてくれます(ちっとも痛くありません)

ゴロゴロ喉を鳴らして前歯でヒトの指や服をちょびっと銜えたまま寝ます(笑)

呼吸ができるか心配になるほどヒトの顔に鼻を押し付けたまま寝ます

寒ければ一緒に寝てくれます(暖かい時は枕を横取りされます 笑)

ヒトの髪の毛や眉毛を毛繕ってくれます

DSCN2436.jpg


来週 お届けいたします。

寂しくなりますが 幸せに向かっての送り出しは嬉しい寂しさです。


DSC_2862.jpg


この場所での猫の寝姿 心がざわつくことなく見ることができるようになりました、写真も撮れるようになりました。

モコ・マロ・ちー そしてカイ この子達が心を癒してくれたおかげです。

預かり5号、家庭の事情にて しばらくの間 預かりを休ませていただくことになりそうです。

応援してくださった皆様、関わってくださったすべての皆様に感謝しています。

ありがとうございました。

って・・・、また戻りますけどね(笑)

どんどん続くチーム福猫 どうぞよろしくお願いします。


速報です!!!

カイ・リリコ・シャミのカタカナチームのカテゴリーも終わりに近づきました。

昨日12日 リリコの正式譲渡が決まりました。
詳しくお知らせしておりませんでしたが、セラピーキャットとして修業しておりました。
セラピーキャットとしては及第点は取れなかったのですがね… セラピーになってるのかも? ってことで。

そして今日 カイ君の譲渡が決まりました。
長いメールを何度もやり取りしながら、福島の猫への理解を深めて頂いて
カイ君はやっぱり運命の子だと。

里親さんはどちらも 4月13日の自由が丘での譲渡会にてオファーを頂いていた方です。

リリコをハンサムウーマンと言ってくださったHさん。

そしてその後 預かり日誌にエイズキャリアについての理解を深めて頂くための記事や
カイ君の動画が多かったのも 実はカイ君をより知っていただくためでした^^

もう一度 のお見合い無く カイ君をということで できるだけ早くお届けしたいと
ワクワクして 今日は眠りにつきます。

みなさん良い夢を!

家族募集 リッカちゃん 超おっとり長毛の女子 (動画追加)

ブログの更新が追いつきません
いい加減にちゃちゃっと行くか… 丁寧に一つずつ… 頭で考えるも一向に作業は進まず。 歳のせい

まずは頑張った六花ちゃん あぶくまシェルターよりお預かりのかわいこちゃんから。

Ri2.jpg

推定4~5歳 女の子 避妊済み ウィルス検査3回実施(皆様のおかげです)エイズ・白血病陰性
顔はマスクマン風 体は シルバー 茶 黒 白 が混じった素敵なグラデーション 


長毛さんですが とてもお手入れは楽な子です。
半長毛ではなくて きれいなバランスの長毛mixさん。
コーミングしてると 足フミフミしながら喉ごろごろ。
六花ちゃんも人間も至福の時 



抱っこ大好き。お膝大好き。 

遊ぶより食べるより何より ヒトがそばに呼んでくれたら安心できる六花ちゃん。

ドタバタは全くしないので 集合住宅で一緒に暮らすのには最適。階下への迷惑はなし。
ちいさな声で可愛く鳴きます。大きな声も出ますが、基本静かな子です。

静かな生活を乱されることなく 猫と暮らしたいというのにはぴったりです。

リッカちゃんシャンプー前にお洋服を着てもらいましたら 全く嫌がらず

unnamed (2)

しかもふりふりがこんなにお似合いで~ 

Ri5.jpg

グラデーションの色合いは やっぱり自然光の当たった実物が一番なんですが
脚元の濃い目の茶色をみると ラグドールっぽい色目も感じます。


保護の経緯は ↓を

続きを読む

チーム福猫のTwitter
最新の様子を!
プロフィール

チーム福猫

Author:チーム福猫
猫好き世話好きおばちゃん集団。
福島の被災猫さんたちのことが片時も忘れらずに・・・
一人で出来ることは小さいけど、少しずつ助け合って猫の家族探し。
1にゃん終わればまた1にゃん。

ランキングに参加しました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
ぽちっと応援お願いします
被災猫はまだ死語ではありません。ランキングで再認識を。
にほんブログ村 猫ブログ 被災猫へ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
猫たちへの問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天でお買物
リンク
いつでも里親募集中
検索フォーム
リスト集
月別アーカイブ
QRコード
QR
福猫応援団